« 2023.09.02 谷川岳”登山”ツーリング | トップページ | 2023.10.29 紅葉探して奥群馬へ »

2023年10月 8日 (日)

2023.10.08 魚沼・星峠ツーリング

【プロローグ】

Img_0828  10月の3連休です。
 しかし、昨日の土曜日は残念ながら仕事が入ってしまい、いつもの土日と変わらなくなってしまった3連休中日…。天気はイマイチのようですが、ここを逃すとこの後いつツーリングに行けるか判らないため、意を決して出かけることにしました。

 当初考えていたのは長野方面まで行ってみるかと思っていたのですが、どうもこの後もいつ天気が悪くなるか判らない状況なので、雨を少しでも避けようと、北に向かうことに。

 それにしても…NEXCO各社でやっている「二輪車定率割引」。これ何とかならないんですかねぇ?
 土日祝日限定というのは100歩譲って仕方ないとしても、100km以上のみ適用というのはかなり残念な仕様となっています。
 例えば、前橋-練馬間は92.1kmのため適用除外で2,330円なので、渋川伊香保まで行くと103.4kmと適用距離になり1,590円となります。この逆転現象のお陰で約50分、距離にして50km近くムダに走らなければならない訳です。
 この日も、六日町ICまで行くために、一番近い前橋ICではなく、わざわざ南の高崎玉村スマートICまで行かねばならず、16km、15分以上も余計に走ることになってしまいます。
 これは、時間とガソリンの無駄になり、エコでもCO2削減にも繋がらないと思うのですがどうでしょう?
 100kmなんて縛りを付けずに、素直にどこから乗っても軽自動車の7割の料金とすれば良いのではないかと思うのですが…。これは早急に改めてほしいものです。

 とまぁ、こんな愚痴から始まった今日のツーリング、どんなことが待っているのでしょう?

  

  

【魚沼スカイライン】

Dsc_5399_02  群馬県内は雲が多かったのですが、関越トンネルを抜けると、雲があるものの青空も見えはじめ、ツーリングとしては良い感じになってきました。

 六日町ICを下りてやって来たのが魚沼スカイラインです。

 ここは、昔、CONCOURS14に乗っている頃、GWに来ようとしてことがあったのですが、冬期閉鎖中で走れなかった、宿題となっていた道です。

 魚沼スカイラインは、魚沼丘陵の尾根沿いを走る県道で、途中、何カ所か展望ポイントが設けられている約20kmのルートです。

 今回は北側からのエントリーで、八箇峠を上り詰めると、スカイラインが始まります。

 写真は八箇峠を過ぎてすぐの見晴らしの良い場所で撮りました。
 良い感じに青空が、そして眼下には魚沼盆地を一望でき、本当に絶景!という場所でした。

  

  

Img_0883  ルート上、何カ所か展望台が設けられていますし、木々が切れて展望できるポイントも何カ所かあり、この日は、ちょうどススキが良い感じに光に照らされて、キラキラ光っている、秋だなぁ~と思えた良い感じで走ることができました。

 ただ、道が狭いんですよね~。
 ほとんどは、写真のように1.5車線の林道?って感じの道ですので、ペースを上げてガンガン峠道を…という走りはできません。

 まぁ、風景や雰囲気を楽しみながらトコトコと走るには良い道でした。

 リピート?うん、きっとするでしょうね♪

  

  

【美人林】

Dsc_5421_02  魚沼スカイラインを降りてやって来たのが、美人林です。

 シュッと伸びた形の良い「美人な」ブナが多いことから美人林と名付けられたとのことです。

 もちろん紅葉にはまだまだ早いのですが、陽も良い感じに指していて、「あーマイナスイオンを浴びてる♪」という感じになって、単なる林と言えばそうなのですが、意外とここにいると落ち着ける感じがして、好きだったりします。

  

  

Img_0891  そうそう、林の中、切り株のすぐ横で見つけたこのキノコたち。

 何となく、シメジっぽく見えるのですが…どうでしょう?

 もしそうなら、天然の「ブナシメジ」なのでしょうか?

   

   

   

 

【星峠の棚田】

Dsc_5437_03  ここまで来たら、やっぱり寄りたくなるのが、星峠の棚田です。

 ちょっとタイミングが遅く、既に稲は刈り取られた後でしたが、ここからの風景は、やっぱりダイナミックで良いなぁ…と思ってしまうのです。

 ここも2度目なのですが、以前無かったプレハブのお店が…。
 まぁ気持ちは分からなくはないですし、展望の反対側にあって眺望をジャマする訳では無いので良いと言えば良いのですが、ちょっと残念かも。まぁ周囲にコンビニなんてないところですからねぇ…。

 ただ、この時間になるとだいぶ雲も増えてきて、曇りという状況に。
 まだ13時なのですが、雨のことを考えると、そろそろ帰ることを考えた方が良い時間かも知れません。

  

  

【荻ノ島環状集落】

Img_0915_02  とはいえ、せっかくここまで来たので、ちょっとだけ遠回りしてやって来たのが「荻ノ島環状集落」。

 木曾義仲の残党が住み着いた…なんていう話もある、茅葺きの家なども何軒か残っている山間の小さな集落です。地図で「環状集落」とあるのを見つけて、どんなところか来てみたかったのです。

 来てみると…本当に山間の小さな小さな集落で、田んぼと、氏神様と、茅葺きの家も数軒あり、昔話に出てきそうな静かな集落でした。

 この茅葺きの家の中には泊まれるものもあるとのことですが、今日は帰ることに。
 ただ、帰って調べてみると、お一人様にはちょ~と高かったですw

   

   

【エピローグ】

 この頃になるとかなり雲が厚くなってきており、雨雲レーダーを見ても、ギリギリ帰宅までに間に合うかどうかという感じですので、急いで帰ることに。

 しかし、しかしですよ、あの100km縛りのせいで、前橋ICを過ぎたところで、雨が降り始めてきました。
 高崎玉村スマートICまで回っている時間にはとっくに家について入れたんですけどねぇ…。
 まぁ、それなりとはいえ、ビショビショになる程ではなかったので、仕方ないとするしかないですね。

Img_0826  ところで、このツーリング中、ODOメーターが20,000kmとなりました!
 2017年に納車して以来、6年目にしてやっと20,000km。途中コロナ禍で全然乗れなかった2年間がありましたが、BMW乗りの方からすると、全然乗ってないのでしょう。

 それでも、かつての愛車CBR1000Fに感じたように、乗り換えたいという気が全く起きない、とっても良いバイクですので、これからもずっと乗り続けて行きたいと思っています。

 これからもよろしくしくね、相棒!!

   

  

S20231008-map 本日のデータ
 走行距離:約368km
 所要時間:8時間50分
 平均燃費:23.8km/L

本日の上毛かるた
 なし 
  残り:27枚

  

 

 

  

 

| |

« 2023.09.02 谷川岳”登山”ツーリング | トップページ | 2023.10.29 紅葉探して奥群馬へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023.09.02 谷川岳”登山”ツーリング | トップページ | 2023.10.29 紅葉探して奥群馬へ »