« 2023.10.08 魚沼・星峠ツーリング | トップページ | 2023.11.13 神流湖・妙義ツーリング »

2023年10月29日 (日)

2023.10.29 紅葉探して奥群馬へ

【プロローグ】

Img_1084_02  いつまでも暑い暑いと言っていた今年の9月・10月ですが、気がつけばあっという間に10月も終わりに近づき、山の方では紅葉が進んでいます。

 前橋の街中でも、気がつけば街路樹も赤くなってきており、新聞にも紅葉の見頃情報などが載り始めました。

 そこで、紅葉の頃に行ってみたいなと思っていた、しかも、これまで一度も行ったことがない場所に行ってみることにしました。

  

  

【榛名山はちょうど見頃】

Img_1093_02  とは言っても、まずやって来たのは、いつもの榛名山です。

 山頂近くの榛名湖辺りの標高が1,100mとあって、まさに見頃という感じ。

 山へのアプローチ道路もモザイク状にキラキラと輝き、あ~来て良かった!と思えるほどでした。

  

  

  

【吾妻峡はあと一息】

Dsc_5443_02  次にやってきたのが、群馬県内でも有名な紅葉スポットでもある吾妻峡。

 こちらは、標高が500~600mちょっとということもあって、もうちょっとという感じ。

 それでも結構キレイなので、10時すぎという結構早めのこの時間であっても、十二沢パーキングは車がいっぱいになっていました。うん、バイクで良かったw
   

  

  

【八ッ場ダムの虹】

Dsc_5468  吾妻峡から八ッ場ダムはすぐそこですので、ダムに寄ってみました。

 もうこの時間にもなると、観光バスもやって来ていて、ダムは大賑わい。

 ただ、紅葉というからすると、吾妻峡から1kmも離れていませんので、こちらももうちょっと、来週がピークかなという感じ。

 せっかくですので、ダムの下に下りてみると、ちょうど放水中。
 周囲にはかなりの水煙が上がっており、ダム側から川の方を見ると、虹がかかっていました。
  

  

【野反湖は…】

Img_1173  八ッ場ダムを後にしてやって来たのが、この野反湖です。

 バイクに乗り始めて以来、草津には何度も行っていますが、その途中から北上して行く、しかもその先がどこかに続いていない行き止まりということもあって、これまで一度も訪れたことがありませんでした。

 その野反湖は…北側にダムがあるため、最初に目に入ったのは湖尻(?)とでも言うべきところ。しかもこの日は奥の方が霧というか雲というか霧というかがかかっており、「天空の湖」という二つ名がふさわしい、ちょっと幻想的な感じでした。

 ここから最北端にあるダムまで行ってみたのですが…4Kmちょっと走っている間に雲と言うより小雨という感じになってしまい、ちょっと残念な状況になってしまいましたので、早々に退散することとしました。

 またいつか、チャンスをみて、やって来たいと思いました(星空観望など良さそうです!)。
  

  

【奥四万湖】

Dsc_5483  小雨にあたった野反湖を後にし、しばらく下っていくと、嘘のように晴れてきます。この辺りは、草津や谷川岳のような上越国境って言葉をイメージさせるものがあるなぁと、何となくですが思ってしまいます。

 野反湖からの帰り道に使ったのは、国道145号の一本北側にある、県道55号です。草津からの帰り道よく使っている、信号なんて全くない、林道が県道になったような道ですが、キラキラ輝く紅葉を見ながらのツーリングはとても気持ちが良い物です。

 時間もあるし…ということで、県道が国道353号線にぶつかったところで、左折してちょっと遠回り。
 やって来たのは、奥四万湖です。

 この奥四万湖も四万川ダムによるダム湖なのですが、特徴的なのが、写真にも写っているように、湖水が「四万ブルー」と呼ばれる、五色沼のような、キレイなコバルトブルーをしていることです。

 それが周囲の紅葉とマッチして、とてもキレイです。

 ちなみにこの奥四万湖、右回りの一方通行で1周できますので、お時間が許すならぐるっと回ってみてはいかがでしょう。

 ところで、この時間帯でもありますし、ダム西側の駐車場は満車状態で新たに車を止めるスペースがなかったのすが(うん、バイクで良かったw)、そこにやって来た東アジア系外国人のカップル(運転は女性)は、なんと歩道に駐車しようとしましたので、さすがに注意しました。
 こんなことで、事故など起こされたり、そうで無くても東アジア系外国人への偏見などが強まってしまってはもったいないと思うんですよね。私も韓国生活をしていたときには、やっぱり他の駐在員の方に言われて気をつけていました。

 自動車の運転は、安全に直結するだけに「○○人は…」に繋がりやすいもの。
 お互いに気をつけたいものですね!

  

  

【よ・世のちり洗う四万温泉】

Img_1201  奥四万湖に逝く途中には四万温泉があります。

 この四万温泉、一説には古代から開湯しているとも言われる古い温泉で、日本三大胃腸病の名湯の一つなのだとか。

 ただ、私のようなあまり湯治を意識しない層にとっては、温泉の効能もさることながら、ジブリ映画の1つ「千と千尋の神隠し」に出てくる「油屋」のモデルの一つとも言われる積善館本館の方で有名なのではないでしょうか。せっかくの機会だからと寄ってみました。


 川沿いのせまい昔ながらの温泉街を登って(北上して)行くと、最奥にあるのが積善館本館です。
 油屋といえば、たしかにそんな雰囲気はありますが、奥の本館が想像していたのよりもちょっと小さくて、正直「あぁ~」という感想になってしまったのは秘密です(笑)

 とはいっても、風情のある雰囲気もあり、人気なのは間違いなく、いつも私が出張などで利用するビジネスホテルの倍以上のお値段にもかかわらず、ほぼほぼ土日は予約埋まっているとのこと。

 うん、いつか泊まってみたいものですね。

  

  

【中之条:うめまつ食堂】

Img_1206  四万温泉を後にすると、後は帰るだけなのですが、昼ご飯を食べ忘れていたことにハタと気がつき、寄ってみたのが、中之条の駅近くのうめまつ食堂さんです。

 ここは、隣にお高いそば屋さんがあるのですが、「そちらも良いけどこちらもイイですよ!」と、職場の中之条出身の同僚の方に教えていただいたお店です。

 焼きそば屋さんということで、メニューも小~特大までの焼きそば以外には、おでんやところてん位で、季節によってかき氷だったりたい焼きだったりがあるようです。

 道向かいにある駐車場にバイクを止め、お店に入ったのがちょうど15時20分頃。焼きそば中とおでんを注文して焼きそばとおでんが出てきたのが20分過ぎと、ほとんど待つことなく出てきました。

 作り置き?と思ったのですが、食べてみるとどうもそんなことは無さそうで、しっかりと暖かく、麺ももちもちしていてとても美味しかったです。

 また、リーズナブルな値段のせいか、お客さんもひっきりなしにやって来ていて、店の中で食べられる方も、持ち帰りのお客さんも結構入れ替わり立ち替わりいらっしゃっていました。

 そんな持ち帰りのお客さん達が頼んでいたのがたい焼き。
 5個10個と結構な数を買って帰られる方が多かったので、私も食べたくなり、お腹いっぱいにもかかわらず、一個頼んでみることに。
 何年ぶりだろうというたい焼きは、ちょうどできたてのものをいただいたので、熱々でとても美味しかったです。

 草津方面からの帰り道、国道沿いにありますので、またリピーターになるんだろうなと予感しつつ、お店を後にしました。
  

  

【エピローグ】

Img_1213_03  お腹も満腹になったら、後は帰るだけです。

 下の地図で、中之条からちょっとの間南に国道を外れているのは、地図を見ていて、吾妻川を挟んで国道と平行に走る県道を見つけたので、使ってみるか…と行ってみたのは良いのですが、南の山陰でずっと日陰のうえ、眺望もあまりよくなかったため、これはつまらん、と国道に戻ってしまったからです。渋滞時のエスケープルートとしては良さそうなので、機会があればまた使ってみることにしましょう。

 ということで、いつものように利根川東岸の国対ルートを通り、近所のガソリンスタンドで給油したら、本日のツーリングも終わりです。

 いつまでも暑い暑いと思っていましたが、急に秋になって、紅葉の季節になっていました。
 このあと、一気に冬へと季節は移っていくのでしょう。
 その間、あと何回ツーリングに行けるのか。。。そんなことを想いながら、バイクにシートをかけたのでした。

  

  

S20231029-map 本日のデータ
 走行距離:約368km
 所要時間:8時間50分
 平均燃費:23.8km/L

本日の上毛かるた
 よ・世のちり洗う四万温泉 
  残り:26枚


  
  

 

| |

« 2023.10.08 魚沼・星峠ツーリング | トップページ | 2023.11.13 神流湖・妙義ツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023.10.08 魚沼・星峠ツーリング | トップページ | 2023.11.13 神流湖・妙義ツーリング »