« 嬬恋ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »

2022年11月19日 (土)

富岡製糸場見学

【プロローグ】

Img_8862_02  当初の予定がキャンセルになったため、ぽっかり空いてしまったので、どこかにバイクで出かけたいっ!と思ったのですが、時刻は既に9時半近く。あまり遠くには行けません。

 そこで、群馬に引っ越してからは一度も行っていない、あの世界遺産「富岡製糸場」に行ってみることにしました。

 まぁ、できればそこから同じく世界遺産の構成資産の1つである荒船遺跡に行き、佐久まで出て、碓氷新道あたりで帰ってくると、うん、ちょうど良いかも…とナビをセットして出発です。

 今日は、雲一つないとてもイイ天気。とても楽しみです!

  

 

世界遺産「富岡製糸場」

Dsc_4206  で、やって来たのが世界遺産「富岡製糸場」です。
 
 前回やって来たのが、世界遺産登録直前の2014年5月ですので、8年ぶりの来訪になります。

 まだ、ここが世界遺産になっていない頃、ちょっとだけその世界遺産に向けた取り組みのお手伝いをしたことがあり、何度か来ているのではありますが、やはりこうやって現地に立ってみると感慨深いものがありますし、世界遺産登録後にどう整備されたのかがとても気になるところです。

  

  

【けっこう変わっていた!】

Dsc_4210  実際に入ってみると、かなり色々と整備されていました。

 もちろん、記念物としての整備もされていますが、それを活用するという方向での整備がかなりされていたのが印象的。

 なかでも、一番ビックリしたのが、このブリュナエンジン(復元)。
 中庭(?)(西置繭所と東置繭所の間の庭)に、周囲にそぐわない(失礼!)ガラス張りの建物があり、その中を覗くと、このブリュナエンジンがなんと稼働していました!

 このエンジンは、もともとは石炭で動いていた蒸気機関で、繭から糸を作る操糸機の動力源であったものだそうで、ガイドさんの説明では、高崎辺りで取れた石炭を使っていたとのこと。

 1920(大正9)年に電力に置き換わったため、もともとの機械は愛知県の博物館「明治村」に移設・展示されてしまうのですが、地元の富岡商工会議所が中心となって、4年かけてこのエンジンを復元し、現在は蒸気を動力として、稼働もさせているのだとか。

 これは正直ビックリ!土日祝日のみの稼働のようですので、ぜひタイミングが合えば見てください。ビックリしますよ!

  

  

【操糸場】

Dsc_4216  その他、西置繭所はガッツリ修復が入ると共に、ギャラリーなど多目的に使えるような整備がされているなど、世界遺産前を知る私にとっては、驚きの連続でもありました。

 最近では、記念物をそのまま保存するのではなく、いかに活用していくかというのも重要な視点となっているので、その流れに沿ったものなのでしょう。

 とはいえ、一番のメインである操糸場は、しっかりと機械ごと残されていて、やっぱりこのダーッと機械が並んでいるのが、やはり富岡製糸場ぽくて、ここが大きく変わっていなかったのは安心でした(もちろん、展示棟のための物は整備されています)。

 ちなみにこの操糸場の建物、外から見ると、同じ世界遺産の構成資産の1つであり、「清涼育」を確立した田島弥平旧宅の総ヤグラと同じような構造になっていました。
 … やはり設計するときに、総ヤグラを意識したんでしょうか?

 このように楽しんで見て回っていると、時間はあっという間に過ぎてしまうものです。
 当初の予定では、1時間ぐらい?と思っていたのですが、富岡製糸場だけで2時間近く過ごしてしまいました。

 その後、世界遺産全体の案内施設である県立世界遺産センター「セカイト」にも寄ってみたのですが…案内が小さくてわかりにくく(徒歩だったので案内が見つけられましたが、バイクでは見逃していました)、展示も…なところがあり、ちょっと残念。

 当初の予定では、このあと荒船遺跡に行くつもりだったのですが、思った以上に時間を取られたのと、途中仕事の電話がかかってきたりで気持ちも萎えてしまったので、今日はあきらめることに。このまま帰ることにします。

  

  

【明太パーク群馬】

 しかたなく、家に帰ることにするのですが、お腹もすいているし…とやって来たのが、かねふくの「明太パーク」。
 なんと、海がない群馬なのに明太パークがあるのです!
 今年(2022年)4月にオープンしたばかりの施設ですが、そのニュースを見たときにはびっくりしました。

Img_8865_02  以来来てみたかったのですが、やっとの来訪となりました。
 が、やっぱり海がないからなのでしょうか?以前行った大洗のと比べると、売っている物も種類も量も少なく…これなら買わなくても良いかになってしまいました。
大洗で買った、一度も冷凍されていない生の明太子がとても美味しかったので買う気満々だったんですけどね…。

 とはいえ、バイク乗りたるもの、ソフトクリームがあればそれを食さねば!と、食べてみたのですが、これが思っていたよりも美味!
 明太子が混ぜ込んであるのですが、ほんのりといった辛さで、とても美味しかったです。これはリピートあるなぁと思ってしまいました(大洗では食べなかったんですよ…)。

  

  

【エピローグ】

Img_8867  ということで、思った以上に製糸場見学で時間を食ってしまったため、他の所に行くことが出来ず、走行距離もわずか約68Kmしかなく、ツーリングとしては残念だったのですが、富岡製糸場をガッツリ見学できたのは良かったです。

 ただ、予定していていけなかった荒船遺跡には、近いうちに行くことを決心しながら、バイクのカバーを掛けたのでした。

 … 今日の夕飯?もちろん明太パスタですよ!(*^ー゚)

  

  

  

S20221119-map本日のデータ
 走行距離:約68km
 所要時間:5時間20分
 平均燃費:17.5km/L

本日の上毛かるた
 に・日本で最初の富岡製糸
  残り:34枚



 

 

| |

« 嬬恋ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬬恋ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »