« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月23日 (火)

ブースタープラグを入れてみた

 うちのR1200RS君は、とても良いバイクで気に入っているのですが、唯一ちょっと残念に思っているのが、低速域のトルクの細さです。

 2017年式以降は特にユーロ4対応になっていて、2016年式までのに比べてもちょっと燃調の薄さが気になるところです。

 3年半も乗って慣れてきていますし、14,000kmも走ってエンジンも当たりが付いてきて調子が上がっているのですが、ふとしたときに感じる線の細さを何とかしたいとずっと思ってきました。

 トルクを上げる場合は、アーシングやパワーコマンダーなどでの燃調の調整などの方法があるのですが、特に後者はかなりの費用がかかるため正直悩んでいたところでした。

 そんな折にみつけたのがブースタープラグです。

Simg_6582

 

これは、燃調用の温度センサーを約10℃低いものとだますことで、約6%燃調を濃くし、トルクアップを図るというツールで、インプレ等をみてもおおむね高評価で、一部ふけ上がりが重くなる等のネガティブな評価もあります。

 R1200RS用だと約20,000円というところでしたので、パワーコマンダー程ではないにせよけっこう良い値段ですので、けっこう長い間悩んでいたのですが、先日、ネットオークションで中古がかなり安く出ていたので思わず参加。どうせ無理だろうと思っていたところ、なんと僅差で落札することができたので、ものは試しと装着してみることにしました。


Simg_6590

 作業としては本当に簡単で、外気温センサーのカプラを外し(銀色の針金のストッパーを押しながら引けば簡単に外せます)、ブースタープラグを割り込ませます。プラグにオス・メスがありますので間違えることはないと思います。

Simg_6593

 そのあと、ブースタープラグの温度センサーを、エンジンやラジエーターの熱の影響が出ないところに設置すれば作業としては終わりです。私は、タンクからステムに向かって出てきているケーブル達とインシュロックで共締めして固定しました。

Simg_6592

 作業自体はカウルの脱着も含めて30分もあれば十分でしたので、軽く近所の幹線道路でテスト走行をしてきました。

 あくまで、普通の幹線道路を車の流れに乗って走る程度ですので、ネガな評価の多いふけ上がりが…云々は分かりませんが、これまで50km/hを流すときは大体3速、60km/hで4速を使うことが多かったのですが、ブースタープラグ装着後は、50km/h・5速・2000rpmを少し切るぐらいでも、ちょっとノッキング気味かもではありますがちゃんと走れ、そこから加速も普通にしていきましたので、十分に効果はあるのだと思います。

 あとは、高速や峠道などツーリングに連れ出してどうなるか、ふけ上がりや燃費などがどうなるかが楽しみです。

 そして、何より、実はブースタープラグにも2016年式までのものと2017年式以降のものとそれぞれに別物が用意されているのですが、落札後に気づいたのですが、今回導入したのは2016年式に装着されていたものとのこと。これがどういう影響を及ぼすのかも気になるところです。

 そのためにもツーリングに行けなければ判断のしようがないわけで…コロナもそうですが、花粉も早く終わるよう切に祈っています!

  … インプレはその後で改めてにしたいと思います。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2021年2月 7日 (日)

タイヤ交換 MISHELIN ROAD5

Simg_6539     私のR1200RS君は、購入時、MISHELIN PILOT ROAD4を履いていました。これは前車であるConcours14の時から履いていたタイヤ(Concours14は重量車両用のGTスペック)で、グリップとライフのバランスが絶妙に良く、また軽快な倒し込みがとても気に入っていたので、購入時にこのタイヤを履いていたのを見て、素直に喜んだ記憶があります。

 

 それから14,013km走って、いよいよフロントのスリップマークがしっかりと出てしまいましたので、コロナ禍及び仕事のキツさで体力的にもツーリングに行けない、でもバイクには乗りたいっ!ということで、懸案だったタイヤの交換に行ってきました。

   

Simg_6555_02  お店はもちろん、タイヤ交換ではいつもお世話になっているspeed☆star(http://speedstar.jp/)さん。リーズナブルな価格と丁寧な仕事でいつ行ってもお客さんが待っているお店です。

  

 今回も、午前中の比較的早い時間に到着したのですが、すでに3台が作業中・作業待ちで、約1時間半ちょっと待つことになりました。

  

  

Simg_6551  新しいタイヤは、もちろん進化版のROAD5。タイヤサイドのグリップを上げ、ウェット性能も5000km走行時でもROAD4の新品よりもあるという、しっかりと進化したタイヤです。ちなみにリアはあと1000kmぐらい行けるかなと思ったのですが、せっかくの機会でしたのでフロント・リアの両方とも交換することに。  

  

 外見的にはかなり溝が少なくなった分(特に、ROAD4の特徴であった横の細い溝が少なくなっています。)、1つ1つの溝が深く大きくなっています。また、その溝もタイヤサイドまでは及んでいないため、見た目、ツーリングからちょっとスポーツよりになった感じがあります。 

  

  

Simg_6559  実際お店を出てからの最初の交差点ですぐに感じられるほど、ひらひら感が増すとともに、剛性感が上がった感じがしました。ちょっとした交差点やレーンチェンジなどでもハッキリと感じられます。

 もちろん劣化したタイヤとの比較になってしまっている分がありますが、それでも倒し込み最初のヒラッとするところの軽快感は気持ちよく、また、そこからアクセルを開けて行くところのグリップ感はかなり楽しいものが感じられました。

 また、剛性感やグリップ感が上がったように感じるためか、路面からの情報量も多くなったように感じます。この辺は、路面状況が常に変化するツーリングなどではとてもありがたいと思います。

   

    

Simg_6560  今日はお店から家まで直帰しましたが、ちゃんとワインディングを走らせたらどうなるだろうとかなり楽しみです!

   

 とはいえ、未だ延長されたコロナの緊急事態宣言中。県境をまたぐ移動は制限されていないとはいえ、いつになったら気持ちよくツーリングに行けるんでしょうねぇ?

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »