« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年11月

2020年11月14日 (土)

清水・富士四湖ツーリング

【プロローグ】

Img_6266    いつもならシーズン最後のツーリングは11月の連休に行くことがほとんどなのですが、今年はその前後が仕事が忙しくなっていそうな気配が。そこで、2週間前にバッテリー充電の為に走ったばかりですが、まだ余裕のある今週ツーリングに行くことにしました。

 といっても、朝起きてから天気を見て決めたので、出発したのが8時過ぎ、もちろん高速道路の渋滞情報は、中央道も東名も真っ赤かな状態です。
 どこいくかなぁ~と高速入り口に向かって走っているうちに、なんとなくお魚が食べたくなってきたので、東名高速に乗ることにしました。

  

  

【宮本商店「宮本まぐろ丼」】

Img_6268  で、やってきたのが、最近マグロを食べるとなるとやってくることの多い清水漁港です。
 ここは河岸の市があって、マグロ丼などが食べられるお店がたくさん入っている観光市場があるのですが、今日は、なんとなく気になっていた、河岸の市の横にある宮本商店さんに入っていみました。

 ここもリーズナブルにマグロ丼等が食べられるお店なのですが、今日はまだ日替わり限定の「宮本まぐろ丼」1000円+税がありましたので、こちらをお願いしてみました。

 ご飯もちゃんと酢飯ですし(私は海鮮丼等は酢飯派です)、まぐろもたっぷり乗っていて、とても美味しくいただきました。これで1000円なら十分です。

 次も…ココになりそうな予感が(笑)

  

  

【薩た峠】

Img_6275  思い返せば、昨年の11月にも清水漁港にマグロを食べに来ていたのですが、その際には、国道52号ではなく中部横断道路に入ってしまうと言うルートミスをしていたので、今日はちゃんと国道を使うルートを取るべく、少し由比の方に戻ります。
 と、ここまで来ればせっかくなのでと立ち寄ったのが、これまた私の中での定番のスポット薩た峠。
 ここからの富士山、海、高速道路&国道1号線というシチュエーションは、何度来ても飽きることの無い風景です。

 ただ、改めてビックリしたのは、11月なのに雪がありません。まるで夏に来たかのよう。正直これにはビックリしました。そういえば今日も秋冬用の薄めのグローブでも十分に走れています。今年は暖冬なのでしょうかねぇ。だとしたら嬉しいのですが…。

 ところで、【プロローグ】で使った写真は、東名高速から薩た峠かなぁと思って撮った写真だったのですが、ちょっとタイミングが早すぎたようで、左の写真で言えば道路が左に曲がっていった先での撮影となっていて、薩た峠そのものは写っていませんでした。
 どうやら、由比SA辺りまで来ないと薩た峠は見えないようです。次回は両方から撮りあうなんてことをやってみたいと思います。

  

  

【身延道はやっぱり気持ちが良い!】

Img_6285  で、ここからは国道52号線→富士川東側の県道を北上する、これまた私の中での定番ルート。

 やはり国道区間も適度なワインディングで、高速道路を走るより遙かに楽しいルートですし、県道に入ってからは、富士川の上流に向かっての雄大な景色を見ながらの伸びやかなワインディングルートは、特に今日のような天気の良い日は本当に気持ちの良いルートで、何度来ても飽きることの無い、お気に入りのルートです。

 新しい道を探して走るのも楽しいですが、こういった飽きること無い、お気に入りのルートを気持ちよく走るというのも、やっぱり楽しいものですね!

  

  

【身延まんじゅう】

Img_6299  このルートでおやつと言えば、やっぱり栄昇堂さんの身延まんじゅう。

 1つ65円というお手軽値段を裏切る美味しさ。先ほどあれほどまぐろ丼を食べてお腹いっぱいになったのに、ついつい手が出てしまいます。

 お店でサービスのお茶をいただき、お店横のベンチで富士川の雄大な風景を見ながら食べるまんじゅうはまた格別の美味しさ!

 天気もいいし、お昼もおやつも美味しいし、道も楽しいし…ホント、だからこのルートって最近走ることが多くなるんですよねぇ♪

  

  

【中ノ倉峠は紅葉真っ盛り】

Img_6330  身延の町から左折して中ノ倉峠を駆け上がります。

 ちょうどこの日は紅葉真っ盛り!赤や黄色に染まった山を見ながらの走行は、この時期ならではです。

 特に紅葉はタイミングがありますので、これほどバッチリ当たるのはなかなか無いことですので、ラッキーでした。

 途中、道の駅に寄り道したり、展望地点で少し傾き始めた陽に照らされて、さらに赤や黄色に染まる南アルプスを見ながらぼーっとしたりしながら、楽しく走ることができました。

   

  

【精進湖】

Dsc_3370  峠道を楽しんだ後、本栖湖でちょっとだけ休憩した後やってきたのが精進湖です。

 ここは、富士五湖の中でもいくつかある(無料で)湖畔までバイクで降りられるポイントの一つで、正月用の写真でも…とやってきたのですが、さすがに15時過ぎていると、富士山は照らされていても湖畔は日陰になってしまっていて、ちょっと残念な写真になってしまいました。ココでバイクと一緒に写真を撮るなら、午前中に来ないとダメですね。

 ちなみに、ここからの富士山は、手前にある大室山を抱っこしたように見えるので、「子抱き富士」と呼ばれているようです。チャンスがあれば、ぜひ湖畔まで下りてみてください。

  

  

【最後はやっぱり御坂峠】

Dsc_3399_06  精進湖で少し写真を撮った後は、西湖→河口湖の北岸を抜けて御坂峠にやってきました。

 正直なところ、今回は富士吉田の忠霊塔も考えたのですが、やっぱりバイクと一緒に富士山を撮りたくてこちらを選びました。

 昨年最後のツーリングも、今日と同じくココ、御坂峠からの写真を撮っていますが、途中の渋滞度合いが違ったせいか、日没までにはかなり余裕をもってやってくることができました。これもコロナの影響で観光客が減っているせいなのかもしれないと思うと、ちょっと複雑な物があります。

 富士山の向こうに沈む夕陽と光る河口湖をぼーっと眺めながら今年最後のツーリングの夕景を堪能したあとは、ゆっくりと峠を下って家に向かうのでした。

  

  

【エピローグ】

 やっぱり渋滞していた中央道経由で家に着いたのは20時過ぎ。
 これで今年のツーリングも終わりです。

Img_6316  今年は、バイクはもちろんありとあらゆることがコロナに翻弄された1年でした。おかげでほとんどツーリングにも行けず、残念な1年となってしまいました。

 来年こそはなんとかツーリングを楽しめるような1年となって欲しいと切に祈りながら、バイクにシートをかけたのでした。


[おまけ]
 道の駅しもべで見つけた、ゆるキャン△ラッピングされた自販機w
 2021年1月からアニメのSecondシーズンが放映される予定です。マンガもそうですが、アニメももとても面白いので、今から楽しみです!
 … え?ドラマ?マンガの良さを表現するのはアニメこそ!もちろん見ていませんがなにか?(笑)

  

  

S20201114-map

本日のデータ
 走行距離:約437km
 所要時間:10時間10分
 平均燃費:23.3km/L

 

| | | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

箱根充電ツーリング

【プロローグ】

Img_6126  先週、バッテリーを上げてしまうというとんでもないミスをやらかしてしまいましたので、今日は天気も午前中はなんとか良さそうなので、箱根までバッテリーの充電がてら、先週のリベンジを兼ねてちょこっと走ってきました。

 本来なら、昨日の土曜日の方が天気がむちゃくちゃ良かったのですが、インフルエンザの予防接種を受けたり、家の用事をしたりと出かけることができませんでしたので、天候は昨日に比べれば今ひとつですが、今日にならざるをえません。

 しかも、明日は朝早くから夜遅くまで仕事がバッチリ入っており(本当なら休んで連休にしたかった…)、体力を使い切ることも出来ませんので、のんびり近場を散歩気分で走ることにします。

 9時過ぎに家を出ると、日曜日ということもあって、東名高速は思ったよりすいていました。
 心配した天気も所々青空も見えていて、そんなに悪くない感じです。

  

  

  

【箱根ターンパイク】

Img_6141_2  東名高速→小田原厚木道路と乗り継いでやってきたのが、箱根といったらココ!と私の中での定番な箱根ターンパイクです。

 ほんのり黄色に色づいている林の中を抜ける高速ワインディングを、遠くに大島?を見ながら、それなりに良いペースで上っていくのはやはり気持ちが良いものです。

 550円(しかもETC使えず!)とそれなりにする道ですが、やっぱり伸びやかなワインディングは私の好みバッチリなので、どうしても箱根新道よりもこちらに来てしまうんですよね。あっちはあっちで、今の時期なら色づいた木々のトンネルの中を走る感じが良いのではないかと思いますが…。

  

  

  

【大観山はΓ(ガンマ)だらけ!】

Img_6148_2  そのターンパイクを上りきったところにある大観山は…

 なんとSUZUKIの2stレプリカの代名詞、RG(V)-Γ(ガンマ)であふれかえっていました!!
 RG-Γ、RGV-Γとは、SUZUKIが2stレプリカ最盛期(私が大学生の頃から2000年になる前ぐらいでしょうか)にHONDAのNSR、YAMAHAのTZR等と並んで、当時のGPレーサーのレプリカとして流行ったバイクで、とても速いバイクでした。

 これが何10台と集まっているのはとても壮観でした。
 自分のバイクの隣に止めていらっしゃったRG400Γ(懐かしのウォルターウルフ仕様!)の方に伺うと、何でも春に予定していたΓミーティングがコロナの影響で開催できず、今日の開催となったとのこと。

 みなさん、最後に発売されたのが2000年頃だったはずなので、一番若い車体でも20年選手なのに、どの車体もとてもキレイです!我がCBR1000Fオーナーズクラブの皆さんの車体もどれもキレイですので、やっぱり愛されているバイクはキレイなんですよね。

 愛されている感がたっぷりのバイクが沢山あるのは、やっぱり見ていて私も嬉しくなりますね!!
 … 我が愛車もキレイにしてあげねば。。。

  

  

  

【芦ノ湖スカイライン→箱根スカイライン】

Img_6205_2  沢山のΓを見て幸せな気分になった大観山を後にしてやってきたのが、芦ノ湖スカイライン~箱根スカイラインです。

 この道も、料金所から料金所までの間は、「スカイライン」らしい、富士山や駿河湾を身ながらの尾根筋を伸びやかなワインディングです。

 こちらもとても走りやすく、また交通量もそんなに無いので、私の定番ルートの1つになっています。

 今日も、雲が切れるぱっきりと青空の下、正面に、遠くに雄大な富士山を見ながら走るのは、とても気持ちがよく、最近、仕事が忙しくてちょっとストレスが溜まっていましたが、料金所を過ぎる頃には、いわゆる「整った」状態になっていました。

 やっぱり、天気の良い日のロングワインディングは、気持ちが良い物ですね!

  

  

  

【エピローグ】

Img_6213  ターンパイク、芦ノ湖・箱根の両スカイラインと、箱根のメインワインディングを堪能し、御殿場に下りてくると、13時前。

 いつもなら、ここから富士山に登ったり、山中湖から河口湖などに抜けるのですが、冒頭に書いたように、明日がかなり忙しいので、残念ではありますが、ココまでとします。まぁ、この時間になると、かなり曇も出てきていますし…。


 最近の御殿場での私の常食堂となりつつある「なか卯」でフワフワの親子丼を堪能したあとは、高速道路で一気に帰ります。
 まだ時間が早いので、渋滞もそう長くなく、ガソリンスタンドで給油して家に着いたのが16時前。250km弱のショートツーリングでしたが、ワインディング主体でとても楽しめました。
 
 今日の目的であった上げてしまったバッテリーだけでなく、私の心にも"バイク分"を十分充電することができました。

 今年のツーリングも、いよいよ後1回か行けて2回。次のツーリングも楽しめると良いなぁと思いながら、今日頑張ってくれたバイクにカバーを掛けたのでした。

  

  

  

S20201101-map

本日のデータ
 走行距離:約250km
 所要時間:6時間20分
 平均燃費:21.6km/L

 

  

  

 

| | | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »