« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

やっちまった…バッテリー上げとジャンプスタート(防備録)

 今日は天気も良く、久しぶりの絶好のツーリング日和。

 今週月曜日からは仕事が忙しくなるのが判っているので、その前にバイク分補充♪とばかり、ツーリングに出かけることにしました。

 NEXCOのバイクツーリングプランにも登録し、朝頑張って起きて諸々用意し、記録用にオドメーター等の写真を撮って、さぁエンジンをかけようとすると…セルが「キュン…」とわずかに回ってそのまま沈黙してしまいます。

 

 え?え?もしかしてやっちまった?

 いったん電源を落として…

 「キミはできる子、頑張れる子。信じているから…」と、もう一度セルを回すも、同様にエンジンに火が入ることなく沈黙を続けます。

 

 そう、バッテリーを上げてしまったのです。

 

 しかたが無いので、車でも使っている充電器を持ってきてジャンプスタートを試みますが、R1200RS君のバッテリ-はボックスに入っていて、特にプラスのターミナルは奥になっていて見えません。

 以前、バイク屋さんで小耳に挟んだのが、このバッテリーの位置の問題で、ジャンプスタートが出来ないので、専用充電器を使うので無ければ、それ用の端子をつけている人もいるとかいないとか。

 

 その頭があったので、ツーリングをあきらめ、サイドカバーを開け、バッテリーを取り出し、充電すること1時間、なんとかエンジンがかかるようになりました。

Simg_6113

 … ちなみに、ターミナルを外した場合に調整が必要なのは、車体のカレンダーと時計(ずれていれば)だけで良いそうです。

 

 この時点で、すでにツーリングに行く気が失せていましたので、さらに充電すべく、バイク屋さんに顔を出すことに。

 もともと今年の夏の車検時に、交換するかどうかという話が出たぐらいですので、これを機に替えても良いかなぁと思って聞いてみると、このバイク屋さんでは純正以外扱えないそうで、しかもけっこうお高い。加えて、タイヤもそろそろスリップサインがでそうな状況で、さらにお金が必要になります。しかたが無いので、サードパーティー製を検討することにしました。

 

 家に帰って、申し込んでいたNEXCOのツーリングプランをキャンセルし、改めてユーザーマニュアルを見ると、なんと!ジャンプスタート用の端子があることが判明!!

 具体的には…

 サイドカバーを取って見えるこちらの赤いのがジャンプスタート用のプラスの端子となっています。

Simg_6117

 この赤いカバーを取ると端子がでてくるので、

Simg_6116

 マイナスとプラスのジャンプコードをつなげば、ジャンプスタートができます。

Simg_6115

 これが判っていれば、今頃はツーリングを楽しんでいるころなのですが、まぁしかたが無いですね。

 さて、冬前にバッテリーを替えるか、冬は我慢して春になってから替えるか…悩みどころです。

 

 

| | | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »