« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月27日 (土)

いろいろあった、ホームコースツー

【プロローグ】

 元々の予定は、月曜日にお休みをもらってキャンプツーリングに行くつもりでした。

 しかし月曜日にどうしても外せない打ち合わせが3つも入ったために日帰りに変更したのですが、なんと金曜日というか土曜日未明まで雨。しかもかなりの量の雨で、裏路地はびっちゃり。

 ストレスがたまりまくっていたので、ちょっと遠出をしようかと思っていましたが、これでは山道が濡れている可能性もあると判断し、いつものホームコースを走ることにしました。

 距離が短くなったので、時間的にも遅くなり、それに伴って中央高速も激混み状態。いつもなら高尾ICまで高速を使うのですが、今日は八王子ICで降りて、久しぶりのR20で高尾まで。
Img_0765
 気持ちの良い新緑のイチョウ並木がとても気持ちよいのですが、なんとこちらも激混み状態で、高尾警察署辺りまで来て初めて写真のように普通に走れるようになりました。

 オープニングから波乱含みの今日のツーリング、どんな一日が待っているのでしょうね?

 

 

【く、雲が微妙すぎる…】

 そこそこ詰まった大垂水峠を、なんとか車間を調整しながら抜け出た後は、相模湖レジャーフォレストの前から県道に入り、道志道(R413)を抜けていきます。
Img_0769
 前日から未明にかけての雨のせいでしょうか、所々結構濡れたところが残っていたり、また周囲の山を見ても雲がばっちりかかっていて、”あの中どう見ても雨っぽい"というところもちらほら。

 まぁ、今日は天候見ながら行くしか無いので、不安ではありますが、このまま行けるところまで行ってみることにします。

 とはいっても、結果として、カッパが必要になることは無かったのですが…

 

 

【富士見パノラマ台】

 ところが、山中湖にでてみると、そこはどーん!!と青空が広がる、とても気持ちの良い天候が待っていました。もちろん富士山もばっちりです!

 そこで、いつもなら河口湖に直行するのですが、せっかくの天気ですので、ちょっと寄り道して、富士見パノラマ台に立ち寄ってみることにしました。

 ここは、明神山の山腹で、山中湖から三国峠→明神峠を越えて小山町に抜ける県道途中にある、むちゃくちゃ展望が開けた場所で、写真撮影の定番な場所の一つです。
Dsc_7755__01
 何往復貸しながら、デジカメで写真を撮ったり、アクションカメラで動画を撮ったりして小一時間ほどゆっくりと遊んでいました。
 それにしても、動画を撮るのはとても難しいですね。
 音とかの問題もさることながら、

 が、ここで悲劇が!
 なんと、アクションカメラの防水ケースの電源を取る場所の防水カバーが落下して無くなってしまっていました。帰る途中で気がついたのですが、そのときにはすでに行方不明となっており、見つかりませんでした。
 今後、防水対策はちょと考える必要が出てきそうです。はぁ、ヤデヤデ…。

  

【まさかの…】

 さて、お昼は久しぶりの白須うどん!と思っていたのですが、なんとまさかの閉店の案内が!!
Img_0792  
 帰宅後ネット確認してみると、店主のおじさんが他界されたとのこと(しかも)。
 とても気さくなおじさんで、私も何度となく声をかけていただいておりましたし、うどん自体もとても美味しく、というか、私にとって、吉田うどんが美味しいモノだと思わせてくれた方でしたので、本当に残念です。

 心からのご冥福をお祈りします。

 

 

【御坂峠は今日はばっちり!】

 白須うどんが残念になっていましたので、これまたいつものように、「あらきうどん」で食事をした後、御坂峠を登っていきます。

 今日は、旧道に入ってから天下茶屋までの間、珍しく全く車に出会わず、自分のペースで気持ちよく上がっていけました。
 新緑のトンネルの中を、自分のペースで走れるというのは、とても気持ちが良いものです。一気に峠まで駆け上がった先に開けるのは、この風景。

Dsc_7770__03

 最初にバイクに乗ってから、数え切れないくらい来ていますが、毎回見える富士山の表情が違うというのが良いものなのです。なぜって、次にまた来ようと思いますからね!

 

 

【これだけは外せません(笑)】

 で、山を下りてやってくるのは、当然ここ、桔梗屋アウトレット。
Img_0805
 この、きなこと黒蜜のかかったソフトに信玄餅という、この信玄ソフトのおいしさは、絶対にこのコースを走る時には外せないのです。

 大月駅前の桔梗屋さんとかでも食べられるのですが、やっぱりこの工場アウトレットのが一番美味しい気がします。

 ソフトを堪能した後は、家族にお土産を買って、出発です!

 

 

霧で全く見えません!

 下界はあれほど晴れていたのに、なぜか柳沢峠を越えるあたりから、曇ってきてしまいました。

 雨が降ってこなければ良いのになぁ…などというのは結果として甘い考えだったようで、奥多摩周遊道路に入ったところで、あたりは霧が立ちこめてきてしまいました。
Img_08122
 それでも月夜見第一駐車場あたりまではなんとかなったのですが、ここから先は本当に真っ白で、20m先が見えないほど!この時期ですから夕方6時を過ぎても明るいのでなんとかなりますが、これが夜だったら…思わず、不要と思っていたフォグランプの設置が頭をよぎっていきました。(笑)

 そういえば、月夜見第一駐車場で会った外国人ライダーは、この霧で仲間とはぐれた、何往復かしたが見つからなかった、携帯が繋がらず不安だ…とおっしゃっていたが、仲間と会えたのでしょうか?
 時間が遅かったこともあり(18時前。都民の森はすでに閉鎖しています)、車はおろかバイクもこの写真に写っている1台と彼のバイク、そして数馬側の給料近所のところで2台しか見なかったので(こんなことは初めて!)すが、幸い転んだバイクは見なかったので、きっと無事だと思いますが…。

 

 

【エピローグ】

 用心しながら山を下りてくると、霧もだんだんなくなってきて、数馬温泉あたりまで来た頃には、霧は全く消えていました。

 あとは、いつものように浅間峠を越えて上野原経由で帰宅しましたが、もちろん、霧も雨も全くなかったことは言うまでもありません。
Img_0813_02
 出発前の雨上がり、日中のドッピーカン、そして一寸先は何も見えない深い霧とめまぐるしく天気に翻弄された1日でしたが、それはそれでとても楽しい一日となりました。

 でも、出来ることなら、一日中雲一つない青空の下を走り続けていきたいモノです。

 次のツーリングでは、そんな天候の中を走れることを夢見つつ、バイクにカバーをかけたのでした。

 

 

S20170527_map 本日のデータ
  走行距離 : 約353km
  所要時間 : 約 11時間25分

  平均燃費 : 16.5km/

| | | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

2017年最初のツーリングは、行きたかった林と棚田巡りツー!

【プロローグ】

 今年は、お正月のツーリングも天気が悪くて流れ、その後も仕事や花粉症対応でバイクに乗れず、やっと心待ちにしていたGW前半に予定していたキャンプツーも体調不良で行くことができず…、と、さんざんな状況が続いていましたが、やっとツーリングに行ける日がやってきました。

 ただ、天候やその後の仕事の状況等を考えると、キャンプは無理そうなので、日帰りでどこか走ることにしましたが、せっかくならと、これまで行きたくても行けなかったあの場所を目指してみることにしました。

Img_0636_2  5月4日の高速道路下り線は、どこの高速でも同じように早朝から大渋滞。この関越道も、6時過ぎですでに渋滞がかなり延びている状況でしたが、「起きれなかったものははしょうが無い」と、渋滞にしばらくつきあっていましたが、それでも藤岡JCT辺りまで来ると、渋滞も無くなり、快調そのもの。

 天気も五月晴れ。遠くに雪をかぶった山々を見ながら走って行くと、気分はどんどんハイになっていきます。
 今年最初のツーリングの始まり、始まり~ぃ!

 

 

【魚沼スカイラインは…残念っ!】

Img_0655  さて、塩沢石打ICで関越道を降りてやってきたのは、魚沼スカイライン…なのですが、なんと閉鎖中。

 案内には「工事中のため」とありましたが…周りには雪が沢山残っているので、きっと除雪作業が終わっていないんでしょうね。

 残念ですがあきらめて、次の目的地に向かいます。

 

 

【美人林】

 やってきたのは、「美人林」というブナ林です。

 ここのブナは、そのシュッとした立ち姿がとても美しいので「美人林」と名付けられたそうです。写真撮影スポットとしてても、森林浴スポットとしても有名で、一度来てみたいと思っていたところでした。
Sdsc_7599__02_2
 無料の駐車場(車が沢山でしたが!)にバイクを止め、林に入っていくと、噂に違わない、ステキなブナの木々が!
 特に今日は5月はじめと言うことで、新緑の薄めの黄緑に近い葉っぱも多くて、とても透明感があるうえに、天気もとても良かったので、林全体がキラキラと光っていて、とてもステキな林でした。

 また、林の中には小さな池が。深いグリーンの鏡のような水面に周りの木々が映り込んでいて、こちらもとてもステキな景色が。
Dsc_7639__02_3
 人もそれなりに多いのですが、それでも、癒やされる景色に、いつまでもいたいなぁと思いつつも、ステキなこの林を後にすることにしました。

 

 

【森の学校キュロロ さとやまキッチン】

 と、次の目的地に行く前に、ここで食事を取ることにしました。

 美人林の隣に、森の学校「キュロロ」があります。ここの食事施設は"食文化体験厨房"となっていて、地元のお母さん達が、山菜を中心とした料理を出してくれるところです。

Img_0668_2  私が頼んだのは、里山定食そば増量(800円。普通の定食は700円。)です。
 魚沼産というか、この周りで取れたお米のおにぎりや山菜の天ぷらやおひたし等がワンプレートになっており、これにこの日に合わせて冷たい汁そばがついていて、とてもリーズナブルで美味しかったです!

 ただ、ちょっと残念だったのが、出てくるまでの時間。
 この日は連休中とあって、お客さんも多かったと言うこともあると思いますが、お母さん達2人とお姉さん2人では正直回りきっておらず、注文してから出てくるまで30分以上待ちました。
 もし、この日のように祝日等に行かれる方がいらっしゃいましたら、ある程度時間的な余裕をもって逝かれた方が良いと思います。

 でも、ゼンマイやふきのとうの天ぷらはとても美味しかったですし、そばもこの地域だとへぎそばが有名ですが、このそばもとても美味しかったですよ!

 

 

【儀明の棚田】

 さて、おなかもふくれたし、とやってきたのが、これまた、私にとってずっと来たかった「儀明の棚田」です。

 この松代地区には沢山の棚田があるのですが、そのなかでも、桜の木とセットで写真に撮られていることが多い、撮影スポットとして有名な棚田の一つです。

Dsc_7657__02  この日は、2本ある桜のうち手前の1本はすでに終わってしまっており、奥の1本も、ピークは過ぎてしまったという状況でした。

 それにしても、U字の谷地形の急な斜面に作られた棚田と、その畦に植えられた桜、さらには水の入った田んぼにそれらが映り込んでいて、とても素晴らしい風景が広がっていました。

 普段、作品として見ている儀明の棚田は、桜と何枚かの田んぼのみという切り取った写真が多いので、きっと狭い道をコチャコチャ上がっていったところにある小さな棚田なんだろうなぁと勝手に思っていたのですが、実際は、ちゃんとした2車線の大きめの国道の脇にある、しかも棚田自身もかなりダイナミックなものでしたのでちょっとびっくり。やっぱり現地に来るっていうことが大切なんだなと改めて思いました。

 うん、これからも、いろんなところを実際に見るためのツーリングに出かけるとしよう!!(笑)   

  
  

【星峠の棚田】

 続いてやってきたのは星峠の棚田です。
 NHK大河ドラマ「天地人」のオープニングで使われたりしたので、ある意味、儀明の棚田よりこちらの方が有名だとは思います。

Dsc_7686__03_2  実際、私も初めて来てみて、このスケール感はすごいなぁと正直に思いました。
 ただその分、どうやって写真として切り取るかはかなり難しく、今の私のテクニックでは、フツーな写真にしかならないのが残念です。もうちょっと精進しないといけませんね。

 しばらく棚田を眺めながら、ぼーっとしていましたが、そろそろ帰る時間も近くなってきました。帰り道は全く考えていなかったので、どうするか決めないとけませんが、交通情報を見ると、すでに関越も渋滞が始まっている状況です。
 うかうかしていると、帰宅が真夜中になりそうなので、あきらめてまっすぐ帰ることにしました。

  

【儀明の棚田 その2】

 帰り道、儀明の棚田の前を通ることになるのですが、ふと見ると、先ほど来た時より太陽の高度が低くなって、水面の映り込みの具合が良くなっていました。

 そこで、急遽止まって撮ったのが、こちらの写真。

Dsc_7710__02  やはり映り込みの感じが、昼に撮ったものよりもかなり良くなっています。写真を撮るタイミングも大切なんだなぁと改めて思いました。

 棚田を撮る時には、朝夕、特に朝が雲海も出やすく撮影には良いと言われていますが、ここまでその時間にやってくるのはとても大変なので…いずれチャレンジしてみたいです。
 今日も、夕日の時間まで頑張ってみたいところではあるのですが、高速道路の渋滞が気になってあと1時間が待てず、残念ですが、今回はやはりあきらめて帰ることにします。

 

 

【蒲生の棚田】

 儀明の棚田を後にしてそのまま関越に直行するつもりでしたが、儀明の棚田からすぐのところで案内板がでていたので蒲生の棚田にも寄ってみることにしました。

Img_0674  こちらも、正面に八海山等を背景にして広がる棚田で、とても広々とした感じがとても良いです。
 ここは雲海が出やすいところのようで、日の出の頃が撮影タイムとして有名なので、こちらにもいつかそのタイミングで来てみたいと思います。

 ところで、出発しようとして問題が発生してしまいました。
 私は最近、SJCAM 4000という中華アクションカメラをドラレコ代わりに使っているのですが、なぜか急に起動しなくなってしまいました。
 あれこれしても、オープニングロゴが出るのですが、その後全く起動せず、という状況になってしまいました。

 まぁ、後は帰るだけですから、支障が無いと言えば支障が無いのですが、楽しいツーリングの終わりにちょっとモヤモヤすることになってしまいました。

 

 

鯉のぼり!

 それにしても、この辺りの道は、交通量もさほど多くなく、両側に農村風景が続く、見た目も交通量的にもとても走りやすい道でした。

Img_06772_2  季節柄、川を渡らせて泳ぐ鯉のぼりがありました。やっぱりこういうのを見ると、日本人で良かったなぁと思ったりします。

 最近、峠道だけでなく、こういったカントリーロードを淡々と気持ちよく走るのも良いなぁと思うようになってきました。きっと年を取ってきたんでしょうねw

 

 

【プロローグ】

 楽しかった今年初ツーリングもいよいよ終わりです。

 関越道六日町ICEから高速に乗ると、予想通りの20kmを越える渋滞表示が。

Img_0714  こうなると焦っても仕方がありませんので、遠くの山の夕日を眺めながら走ったり、途中SAで昼寝をしたりしながら、事故に気をつけながらゆっくりと帰ることにしました。

 それでも、20時半には家にたどり着くことができ、今年最初のツーリングが終わりました。
 なかなか来たくても行けなかった初めての場所のツーリングで今年のツーリングシーズンを始めることが出来ました。年初の誓いどおり、今年は色々と初めての場所に行きたいと思っていますが、さて、どうなることやら。良いシーズンとなると良いなと思っています。


【追記】
 SJCAM 4000は、結局ファームウェアを書き換えることによって、なんとか復活した模様です。
 何回か使ってみて確認してみないとなんとも言えないのですが…。

  
  

S20170504_map 本日のデータ
  走行距離 : 約485km
  所要時間 : 約 13時間46分

  平均燃費 : 18.8km/


  
  

| | | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »