« 雨にたたられた夏休みツーリング | トップページ | 陣馬形山日帰りツーリング »

2016年9月17日 (土)

久しぶりの日光ツーリング

【プロローグ】

 今年の夏は、週末ごとに台風の影響を受けた雨が降ったり、雨が降らなくても家の用事があったりと、散々なシーズンです。

 そのような中、やっと来た9月の三連休も、南の海上の台風とそれに影響を受けた秋雨前線のおかげで、天気予報は雨マークが外れません。

 それでも、なんとかマシそうな今日の三連休初日は、夕方は雨に降られそうですが、ルートを工夫するとなんとかなりそうな雰囲気があります。

 そこで、一番雨の影響が少なそうな日光周辺を行き先に、ルートもいつもの東北道周りではなく、逆回りの関越道周りで走ってみることにしました。

Img_9864_2  3連休初日ですから、通常だと下りは結構な渋滞になるはずです。そこで、朝食もとらず、いつもより1時間以上早く出発することにしたのですが、残念ながらすでに渋滞は始まっており、新座料金所から東松山ICを越えるぐらいまでは、車の列がつながっていました。

 しかし、その先は順調に流れており、しかも高崎を超えると、雲が多いながらも青空も見えるようなまずまずの天気となり、久しぶりのツーリングにワクワク感が高まってきます。

 今日一日、なんとか雨を避けられれば良いのですが、さて、どうなることやら。

 

 

【金精峠】

 先ほども書きましたが、私は通常、日光方面に行く時には、東北道から日光入りして、国道120号で金精峠を抜けて、関越沼田インターに抜けるルートをとります。
 このルートですと、金精峠を越え、沼田インターを目指すのが午後遅め~夕方なのですが、たいてい片品村あたりから沼田インターまでは車がつながっての大渋滞になります。

Img_9873  しかし今日は逆ルート。しかも10時ごろにここを走ったのは初めてなのですが、金精峠に向かう方も逆の沼田ICEに向かう方向もほとんど車がいません!

 片品村までは、田舎風景を楽しみながらのカントリーロードを、片品村を越えてからは山岳道路、特に丸沼高原スキー場を越えてからは、中小のコーナーが連続するワインディングを、本当に気持ちよく走ることができました。

 

 

【日光湯の湖】

 ただ、金精峠のトンネルを越えると、それまでの青空はほとんど見ることができなくなり、薄い・濃いはありますが、空一面雲に覆われてしまい、ルート沿いに点在する湖の色も、晴れている時のきらきら感や透明感あるブルーでは無く、ちょっと残念な色になっています。

Img_9877  写真の湯の湖も、天気が良い時にはもう少し深い透明感あるブルーなのですが、ちょっと緑っぽい色が強くなってしまっていました。

 とはいえ、雨で無いだけマシなのは言うまでもありません。
 しかも、車が本当に少なく、「今日は本当に3連休初日だっけ?」と何度か不安(←本当は仕事の日だったかと…ワーカーホリック気味ですねorz)になってしまいました。

 でも、その分、気持ちよく走ることができるわけです。天気は残念でしたが、とっても気持ちよく走ることができました。

 

 

【光徳牧場】

Img_0002_2  さて、私が日光に来たら必ず食べるもの、それは光徳牧場のアイスクリームです。

 昔はソフトだったような気がしましたが、かなり久しぶり(2009年10月ぶり)ですので、きっと記憶がずれているのでしょう。

 実は、前日までの3日間、小学校6年の娘は、日光に修学旅行に来ており、その際、戦場ヶ原を散策した後に、ここ光徳牧場でアイスクリームを食べたそうです。その娘が「美味しかった」と騒いでいたものですから、なおさら食べたくなってやってきたのでした。

 牛乳感たっぷりの濃厚なアイスクリームを堪能しました後は、戦場ヶ原を抜け、中禅寺湖半で昼ご飯とお土産を買い、ちょっとまったりとしていました。

 そうそう、まったりしすぎて中禅寺湖の写真撮るのを忘れてしまいました。
 湖畔で、ぼーっとボートを眺めながら食べるおにぎりって、やっぱり美味しいですよね!

 

 

【半月山第二駐車場】

 皆さんは、中禅寺湖の写真などで、「男体山を背景に、中禅寺湖に突き出る八丁出島」という写真をご覧になったことがあるのでは無いでしょうか。

 その撮影ポイントは半月山だということは承知していたのですが、なんとなくそこへ行く道が行き止まりということもあって、これまでそちらに向かったことがありませんでした。

 しかし、今日は時間的にも余裕がありますので、あの写真が自分にも撮れるのでは無いかとちょっと期待しながら、半月山に登っていくことにしました。

 この道は、かつて中禅寺湖スカイラインと言われた有料道路でしたが、今は無料化され、料金所等はありませんでした。

 一気に山を登っていくワインディングに、とても気持ちよく走ることができ、かつて有料道路だったというのはとてもよくわかるなぁと思いながらの走行となりました(ちなみに、暴走族対策として17:00~8:30までは通行止めとなっています)。

Dsc_6138  気持ちよく山頂の半月山第二駐車場に到着したのですが、なんと中禅寺湖は全く見えません。
 
 実は、この駐車場は、中禅寺湖から見ると半月山の向こう側に位置しており、見えるのは足尾の山々のみとなっており、期待していた中禅寺湖が見えるのは、ここから山道を登っていった先の、半月山の山頂付近にある展望台まで行く必要があるということだったのでした。

 まだ紅葉時期でもありませんし、何より天候がこれでは、無理してまで山道を歩く必要も無いだろうと判断し、非常に残念ですが、中禅寺湖の眺望はあきらめることに。

 とはいっても、足尾の山々の雄大な風景は、これはこれで素晴らしいものでしたので、こちらも天気が良ければ、さぞ素晴らしい景色だったのだろうと、ちょっと残念ではありました。

 まぁ、次に日光に来る時の宿題ですね!

 

 

【渡良瀬街道】

 中禅寺湖からは、そのまま第一いろは坂を下ります。

 ここは登りの第二いろは坂との一方通行になっていますので、とても 走りやすいと言えば走りやすいのですが、他方で、連続するヘアピン内での高低差が結構あるため、まるでジェットコースターのような感じで、上手く走れれ ば、きっととても楽しいのでしょうが、ド下手な私は、もちろんゆっくり、慎重に下っていきます。
 
 その後、どう帰るかというのが悩みどころではあったのですが、娘情報だと、平日なのに日光の東照宮から駅周辺は激混みだったということでしたので、そろそろ雨が心配になってきた身としては、渋滞に捕まるのは避けたいところ。

Img_0012  そこで、半月山から足尾の山々を見たからというわけではないのですが、足尾銅山の下、国道122号の渡良瀬街道で帰ることにしました。

 この道は、渡良瀬渓谷にそって走る、日光から足尾銅山を通って桐生に抜ける、交通量が少ない快走路の一つです。

 今回も、車に出会うこともあまりなく、とても気持ちよく走ることができました。

 日光からの帰り道で混雑を避けたいと思った時には、とても有効な抜け道ですよ。

 

 

【エピローグ】

 途中、山を下りてきて気温が上がったため、ちょっと疲れを感じたので、コンビニエンスストアでしばし休息をとりながら、最後は北関東自動車道太田薮塚ICから高速に乗り帰ることに。

Img_0020  もちろん、まだ15時過ぎですから、心配した関越道も渋滞しておらず、一気に帰ることができました。
といっても、練馬の出口では、例によって渋滞はしていたんですけどね。

 最後にガソリンを満タンにして、家に着いたのが17時半ごろ。

 心配していた雨には一切遭わず、むしろ、所々青空が見えたり、日が射していたりで、とても良かったツーリングとなりました。

 帰宅後、修学旅行から帰ったばかりの娘は、いつもならツーリングに行った話など聞きもしないのに、どこに行ったのか、何を見たのか、自分たちの時は…と、今日に限って興味津々。そういった意味でも、とても珍しい、楽しいツーリングとなりました。

 でも、そろそろ、終日青空の下を気持ちよく走るツーリングをしたいものですね!

 

 

 

S20160917_map 本日のデータ
 走行距離 : 約413km
 所要時間 : 約 10時間30分

 平均燃費 : 19.1km/L



|

« 雨にたたられた夏休みツーリング | トップページ | 陣馬形山日帰りツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨にたたられた夏休みツーリング | トップページ | 陣馬形山日帰りツーリング »