« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

伊豆ランチツーリング

【プロローグ】

 私の場合、いつもの年なら、11月後半にツーリングに行き、その年のツーリングは終わりになります。
Img_6922  しかし、今年は残念なことに土日出勤があったり、土日が雨だったりして、ラストツーリングは無理かなぁと思ってました。

  今日も、午後雨の可能性が高い天気予報で、空をみても分厚い雲が広がっています。このため、正直諦めていたのですが、家族から近所ぐらいちょっと走ってき たら、とのお言葉。どうしようかなぁとも思っていたのですが、せっかくですから、行けるところまで…と、あと数時間だけでもいいので降雨がないことを祈り ながら出発することにしました。

【な、なんだここは…】

 首都高速を走っているころは、ほとんど青空なんか無かったのですが、東名高速の箱根辺りを越えると、雲もほとんど無い、青空が広がっていました!

Img_6945  途中立ち寄った駒門PAの売店はは…すごい世界になっていました。

 店の中には、自衛隊グッツや、自衛隊関連商品であふれていたのです。

 高速のPAでまさか迷彩色の本物の自衛隊グッツが買えるとは、これっぽっちも思っていなかったので正直びっくり!

 実は、このPA、美味しい水が有名でしたので立ち寄ったのですが、自衛隊グッツに驚いて、当初の目的であった水をすっかり忘れてしまいました(笑)

 

【沼津漁港 かもめ丸】

さて、高速を降りてやって来たのは、沼津漁港です。
 
Img_6954  ご存じの方も多いと思いますが、生の桜エビが食べられるのは、漁が 解禁になる10月下旬~12月下旬までと、3月中旬~6月上旬までの年2回です。同じく、生のシラスが食べられるのも、1月~3月の禁漁期間を除いた期間 だけです。そう、今は、桜エビもしらすもどちらも漁を行っている期間なのです。

 そこで、その両方がいっぺんに食べられる「ぬまづ丼」を食べに、沼津漁港かもめ丸さんにやって来ました。

 ここ、かもめ丸さんは、ぬまづ丼の発祥というか公認のお店で、生桜エビ、生シラス、アジのたたきのが乗ったぬまづ丼が、1300円(税別)と、リーズナブルにいただけます。しかもクーポンを持って行くと、アジのたたき(500円)もいただけます。

 桜エビもあまく、しらすもこってりして、とっても美味!

とても美味しくいただきました。

 

【秋晴れ!】

Img_6967  かもめ丸でお腹いっぱいになり、腹ごなしのために少し漁港の魚屋さん街を散歩してから、次の目的地に向かいます。

 それにしても、出発前に心配していた雨はどこの話?とでも言いたくなるような、秋晴れです。

 このような中をツーリングできるというのは、やっぱり来て良かったです。家族に感謝しないとですね。

 

【伊豆スカイライン】

Img_6982  で、やって来たのが伊豆スカイラインです。

 この道は、関東を代表する、変化に富んだ素晴らしい道なのですが、残念なことに、バイクの(私的にはバイクだけのせいではないと思いますが)無謀運転の結果としての重大事故がかなり多く、ここ数年、バイクの通行禁止措置が検討されています。

 二輪車通行禁止となる前に…とやって来たのですが、やはり、この道は、素晴らしい景色とアップダウンと変化に富んだロングワインディングで、本当に気持ちよく走れる道です。

 今日も沢山のバイクが走っていて、気持ちよさそうです。

 決して、優等生ではない私が言うのも何ですが、それでも、周りに迷惑をかけないような走りをして、いつまでもこの道が走れるようにしたいものだと改めて思いました。

 

【大観山展望台】

Img_6996  伊豆スカイラインから連絡道路等を乗り継いでやって来たのが、ターンパイクの頂上にあたる、大観山パーキングにやって来ました。

 ここの1階にあるカフェでソフトクリームを食べたのですが、ふとみると、なんとしげの秀一氏の「バリバリ伝説」全巻が!時間も考えずに、世界GP編を通しで読んでしまいました。(笑)

 本当なら全巻通しで最初から…と行きたいのですが、寒くなる前にと外に出てみると、なんと富士山が!
今日はほとんど見れていませんでしたので、最後に見れて良かったです。

 でも、何で富士山って見れると良いなぁって思ってしまうんでしょうね?やっぱり日本人のDNAなんでしょうかねぇ(笑)

【エピローグ】

 ここからは、ターンパイクを下って帰って行きます。

 そういえば、ターンパイクの名前がトーヨータイヤからマツダに替わっていました。ネーミングライツを採用しているので、いつかは替わると思っていたのですが、マツダがその権利をとっていたとは知りませんでした。

 しかもおもしろいことが!
 というのも、下って料金所のお姉さんに料金を払っている時、伊豆スカイラインも走ったのか聞かれました。
Img_7008  もちろん走ってきたとこたえると、プレゼント引換券をいただきました。お姉さんに指示されたとおり、料金所出てすぐにある、山安工場直売所に持っていくと、なんと「さんまの一夜干し」3本をいただきました!

 いやぁなんて太っ腹!ターンパイクの料金が520円ですから、サンマの代金とほぼ同じくらいでしょうか。沼津に行って、「家族に感謝」とか書きながら、何も買っていなかったので(←って、おいっ!)、良い土産ができました。とっても美味しかったです!

 これで今年のツーリングはおしまいです。
 今年は初めての場所、久しぶりの場所を中心にセレクトしていましたが、回数と距離は少なかったですが、毎回楽しむことができました。

 来年も、楽しいツーリングができればと思っています!

  

S20141130_map 本日のデータ

 走行距離 : 約 278km
 所要時間 : 約
7時間12分
 平均燃費 : 17.1km/L
 

 

  

 

| | | コメント (0)

2014年11月 3日 (月)

奥武蔵・奥多摩ツーリング

【プロローグ】

 三連休を前にした木曜日、1通のメールが。何でも土曜日に一緒に走ろうかと話していた友人から、体調不良で入院したとのこと。久々ゆっく り温泉でも浸かりながらと思っていただけにちょっと残念。おまけに土曜日はかなりの雨。そこで、天候が回復した連休最終日、ソロツーすることにしました。

Img_65322  向かった先は、行くはずだったツーリングの際に検討した奥武蔵。実は秩父から中津川林道に抜けたことは10年以上前にありましたが、秩父から雁坂トンネルに抜けるルートは走ったことがなかったので、とても楽しみではあります。

 空も、雲一つ無いぐらいのとても良い天気。隣に友人が走っていないのが残念ですが、彼のためにも思う存分楽しむことにしましょう!(笑)

 

【荒川沿いは紅葉真っ盛り!】

Dsc_97942  ルートですが、今日は弾丸ツーリングではないので、比較的下道を多くとろうということで、長瀞まわりではなく、圏央道狭山日高ICから飯能→正丸→秩父に抜けていくルート。

 高度が上がっていくに従って、山の紅葉もどんどん進んでいき、秩父を越えた当たりからは本当に錦秋!とい言葉があうような、ステキな紅葉の中を走っていきます。

 写真は荒川沿いの様子ですが、本当に綺麗ですね!

 

【滝沢ダム】

Dsc_98032  途中、ループ橋などを通りながらやって来たのは、滝沢ダムです。

 このダムの南側に秩父湖があり、そちらの方も興味があったのですが、なんと途中までは行けても、その先は土砂崩れで通行止めになっているとのこと。

 それにしても、ここの湖畔の紅葉がとても綺麗で、しばらくぼーっと眺めていました。

  

【笛吹渓谷】

Dsc_98172  さて、初めて通った雁坂トンネルは、「あ~こんなもんかぁ~」だったのですが、その前のトンネルまでに高度を上げるところの風景は素晴らしい景色で、とても気持ちよかったです。
 また、トンネル抜けてからの笛吹渓谷も絶景で、真っ青な空に紅葉が映えて、こちらも絶景です。
 今日まで走ったことがなかったのですが、こういう、これまで走ったことが無かった道が素晴らしかったのがわかるというのは、ツーリング冥利につきるというヤツですね。

 

【やっぱり信玄餅ソフト】

 山を下りてきたら、どう帰るかなのですが、2時前とまだ時間に余裕があります。

Img_6691  そこで、せっかくここまで来てるのでと、信玄餅で有名な桔梗屋さんの工場に立ち寄り、家族へのおみやげと、最近はまっている信玄餅ソフトを食べることに。

 このソフト、バニラソフトに黒蜜ときな粉がかかり、さらに信玄餅が3つも付くという超贅沢なソフトで、とても美味しくて気に入っている、私の中でも一押しソフトの1つです。
 和な味がバニラソフトに良くあっていて、とても美味しいので、皆さんもぜひこの界隈にいらっしゃったら立ち寄ってみてください。

  

 

【柳沢峠】

 さて、小腹もふくれたので、東京に向かうことに。

 高速でとも考えましたが、久しぶりの柳沢峠ルートで帰ることに。

 東京の自宅から道志道で山中湖に出て河口湖、御坂峠を越えて、柳沢峠を登り、奥多摩に抜けていくというのが、私のホームコースで、何10回と通った道です。

 ここ数年、このルートで上がっていなかったので、せっかくなので高速でではなく、柳沢峠越えで帰ることにしました。

Dsc_98212  そう言えば、柳沢峠に来たのは8年ぶりぐらいだったでしょうか。本当に久しぶりに通ったのですが、道が凄く良くなっているのにびっくり!
 かつての峠道は、狭い1車線、1.5車線のヘアピンの連続といった中・低速コーナー主体の道だったのですが、峠までは2車線の中・高速コーナー主体のハイスピードワインディングに整備されていました。

 おかげで走りやすくて、走りやすくて…。お巡りさんと事故に気をつけて、ほどほどなペースで走りましたが、とても気持ちよく走ることができました。

 峠からは富士山が。やっぱり今日来て良かったなぁと思いました。

 

【青梅街道】

Img_67342  柳沢峠からの奥多摩までの青梅街道もかなり道が整備されていました。

 全線、とまでは行きませんが、かなりの箇所で道が整備されていて、こちらもとても気持ちいい道に。

 今のバイクに乗り換えてからは、できるだけ行ったことのない道を…というルート選択をしていましたが、やはり時々はホームコースを走らないとダメだなぁと改めて思いました。これは来年の課題とすることにしましょう。

 

【エピローグ】

 奥多摩湖からは通常であれば奥多摩周遊道路から五日市に抜けるか、そのまま青梅の方に抜けるかが私の通常のルートなのですが、まぁいつもと違う道もありかぁと、鶴峠を越えて上野原に抜けて高速ルートで帰ることにしました。

Img_6748 この道も大昔に通ったことがあるのですが、それ以来ですから、とても新鮮。
 片道1車線のコチャコチャした道かと思いきや、思ったよりも走りやすかったのが印象的でした。

 ただ、山間の谷を沿うように走っていますので、日陰になってしまう時間がかなり早いので、この時期だとちょっと寒くなるのが早いのが…。

 上野原ICから中央高速に乗ったのですが、案の定渋滞中。結局家に着いたのが20時前になってしまいました。

 今年のツーリングシーズンも、あと1回走れるかどうか。次回も、天気が良ければ良いなぁと祈りながら、バイクにカバーを掛けました。

  
  

20141103_map 本日のデータ

 走行距離 : 約 318km
 所要時間 : 約
18時間10分
 平均燃費 : 17.9km/L
 

| | | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »