« R152・中央構造線ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年11月23日 (水)

今度はR52 2011ラストラン

【プロローグ】
Simg_1643  そろそろ今年のシーズンも終わり。
 そこで、今年最後のツーリングにどこに行くか地図を眺めていると、前回縦断した国道152号線の東側に国道52号線を発見。
 これは行くしかないだろう、と、今年最後のツーリングは国道52号線を北上するルートを取ってみることにしました。

 8時50分すぎに、東京の自宅を出発したときはとっても良い天気。東名から見える富士山も綺麗にばっちり見えています。

 富士川SAで東名を降り、富士川沿いで写真を撮っていると、近所のおじさんらしき人から声をかけられました。

 「今日は雨が降るから残念だねぇ~。雨具持ってるぅ~?」

 「え?雨ですか?こんなに晴れているのに…?」

 「あぁ、あの雲があるからねぇ…。どっち行くか分からないけど早く帰った方が良いよ。」

 今思えば、今日のツーリングはこれが全てでした。

 
 

【由比漁港】
Simg_1653  さて、最初にやってきたのは由比漁港「浜のかきあげや」さん。

 ここは漁協の奥さんたちが主にやっているお店で、港の傍らにあります。

 桜エビは年2回、3月下旬~6月中旬、10月末~12月の年2回のみが漁の時期になっており、この日は秋の漁の最中という、まさに旬の真っ最中。

 前回の富士川SAの書き上げとは異なり、桜エビが「これでもかぁ~っ!!」というほど入っていて、サックサクで、エビの風味がしっかりしているとっても美味しいので有名です。

 今日は桜エビのかき揚げ丼(700円)と桜エビの味噌汁(100円)。かき揚げ丼にはかき揚げが2枚入っていてとっても美味!

 「家庭の味」という人もいますが、丼やうどんに乗せるなら、こういう風なしっかりしたかき揚げの方があっているのではないでしょうか。

  

【薩た峠】
Sdsc_5111_2  満腹になって次に向かったのが、「薩埵峠」。

 ここは歌川広重の「東海道五十三次」の「由比宿」で有名な、富士山ビューポイントの1つです。ずっと来たかったんですよね、ここ。でも、意外と通過点だったり、こっちまでこなかったりと言うことで、なかなか来ることはなかったんです。

 由比漁港からは旧東海道を上がっていくことができる…はずだったのですが、台風の影響で通行止めとのこと。

 仕方がないので、清水側から上っていくことに。

 ミカン畑の横を抜けたところに、ちょっとした駐車場のある展望台がありました。

 まさに、ここからの景色は浮世絵そのもの。本当に感動…と言いたいところですが、時間もあってだと思いますが、富士山はかすみ気味。写真や浮世絵のように富士山くっきり、ということまではいかず、ちょっと残念ではありました。またの宿題ということにいたしましょう。

 

【R52】
Simg_1681  薩埵峠を下り、興津川河口から、国道52号線を北上していきます。

 国道52号線は、さすが二桁国道!と言いたくなるような快走路。ダンプ等が走っていますが(たぶん、中部横断道路か第二東名かの工事をしていました)、適度な交通量と、所々に現れる峠越えにと、とてもご機嫌な道です。

 時々展望が開ける興津川は、どうしても右側に見ることが多く、地形からするとちょっと見にくい感じ。

 対岸を見ると同じように川沿いに、しかももっと交通量が少なめで走っている道がありますので、次回はそちらを使ってみることにいたしましょう。

 それにしても、天気も良いし、国道152号線のようにゆっくり林道みたいな山間をトコトコ走るのもいいですが、こういう田舎の快走路もやっぱり良いですね。

 

 

【身延山】
 で、やってきたのが、身延山久遠寺。

 ここは、日蓮上人が開いた日蓮宗の総本山となっており、彼もここに葬られている、鎌倉時代から続く由緒正しい大寺院。

 その威光は総門・三門だけでも十分に見て取れますが、魔が差したのでしょう、「写真は帰りにでも…」とこのときは取らずにロープウェー駅のある駐車場までどんどん上がっていったのです。

Sdsc_5137_2  天気も良く、興津川沿いの地形が織りなすパノラマ。眼下には久遠寺の五重塔。とても良い景色で、そこそこロープウェーの料金はしますが、乗って良かったなと、パノラマを楽しんでいました。

 そのロープウェーで山頂まで一気に登り、見えるであろう富士山を見ると…雲のなかに隠れていて全く見えません(写真中央の雲の固まりが富士山。クリックすると少し大きくなります)。

 結構、雄大な富士山がみれるとネットでみていたので、残念ではありますが、天候だけは仕方ありません。

Sdsc_5192  奥の院を参拝し、一回りしていざ下りのロープウェーに乗り込むと、なんと窓には雨粒が!かなりしっかりした雨が降り始めていました。

 これは何かの罰があたったのか?と自問しながら、あわてて本堂等でお参りをし、荘厳な三門・総門の写真をあきらめ、帰宅することにしたのでした。 

  

【プロローグ】
 雨がそこそこ降っていますので、峠を越えても意味はないと考え、当初考えていた本栖湖→河口湖→御坂峠越えルートをあきらめ、早々に高速に乗って帰ることにしました。

 終わりよければ…なはずだった今年ラストのツーリングが、最後は雨で嶋楽なってしまいましたが、まぁこんなこともあるでしょう。

 来年のツーリングは、良い天候に恵まれ、「気んもち良い~!」とヘルメットの中で叫び倒すような状況になれればいいと思います。


   
  

S20111123_map 本日のデータ
 走行距離:約404.4km
 所要時間:9時間33分
 平均燃費:17.6km/L

|

« R152・中央構造線ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R152・中央構造線ツーリング | トップページ | あけましておめでとうございます »