« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月18日 (水)

秋山街道~奥多摩ツーリング

 今日は夏休み最後の日。今日は何するか考えていたところ、家族は所用でお出かけということなので、急遽バイクでツーリングに行くことに決めました。

 さて、走り出したのは良いのですが、どこに行こうか全く考えていませんでした。
 そこで、今週末の家族サービスの下見に行くことに。とは言ってもただ行ってもつまらないので、遠回りして行くことにしました。Dsc_3892  

 いつものように中央道八王子インターを降りて大垂水峠を抜け道志道を目指して相模湖を走っているときに、ふと、久々に秋山街道を走ってみるか…と思ってしまいました。

 ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、秋山街道とは、中央高速、国道20号、道志道(国道413)と平行して神奈川県藤野~秋山~都留まで行く県道35号線のことで、これら上記主要道の迂回ルートとして有名な快走ルートです。久しぶりに走ってみるとやっぱり気持ちの良い道でした。 

Img_7096 都留から大月に出たあとは、国道139号線で奥多摩に向かいます。 

 この国道は深城バイパスの別名もあることから想像が付いたのですが、ダムまではとっても気持ちの良い2車線の快走ワインディングだったのですが、深城ダムから松姫峠を抜け、奥多摩湖に出るまでは、結構何度も1(or1.5)車線になるちょっと狭いワインディングなのですが、他方で眺望はとっても良い道でした。

 さて、皆さんすでにバイク雑誌での記事などでご存じの通り、昨年(2009年)12月15日から、奥多摩→五日市に抜ける方向が二輪車の通交禁止になってしまいました。 

Img_7104  二輪車が関連する重大事故が続いたということで、この記事に接した時に、正直「あぁ、ココもか…」と思ったのとあわせ、「五日市→奥多摩を通してくれるというのは良かった!」と思いました。

 ただ、私のいつものルートは塩山→大菩薩峠→奥多摩→奥多摩周遊道路→五日市→自宅というルートでしたから、やっぱりこれが使えないのは正直残念ですし、不便きわまりないのは確かです。

 今、同じく伊豆スカイラインも二輪車事故を理由に二輪車通交禁止が検討されています。
 
 これ以上二輪車通行止めの道を増やさないためにも、ぜひ、私も含めライダーの皆さん、安全運転に努めましょう。
 また、4輪に乗っているときに、峠道でバイクに追いつかれたら、彼らが無理な追い越しを少しでもしないように=事故リスクを少しでも下げるために、ぜひバイクに譲りましょう。
 そうやって少しでも事故リスクを下げることで、1日でも長く、気持ちの良い道を走れるようにしたいと思います。

 さて、今日のメインの目的は、今週末に私の友人達と娘を連れてくる日原鍾乳洞へのルート下見でしたので、奥多摩湖を後にしてやってきたのが日原鍾乳洞。

 ただし、感動が薄れてはと思い、鍾乳洞に入るのは週末にとっておき、そこまでのルートとか駐車場(本番はもちろん4輪ですので)とかのチェックをしました。

Img_7147  にしても、そこに行くまでの道沿いは、ホント、採石場があったり、写真のような巨岩があったりと、とても楽しめました。これで道が広ければ良いのに…我が家のFitならともかく、友人の超セレブカーは入ってこれるのかなぁ…。まぁ路線バスがあるくらいだから大丈夫とは思いますが…。

 いずれにせよ、私にとっても鍾乳洞は子どもの時以来ですから、とっても楽しみです。

 … あ、結婚前にカミさんと江ノ島の鍾乳洞に行ったっけ…(爆)

 帰りは圏央道日の出インターから一気に高速で帰る…はずだったのですが、圏央道から中央道に入り、八王子料金所を過ぎてすぐぐらいから、なんと夕立にあってしまいました。

 おかげで道はかなり渋滞しており、帰宅時間も大幅に遅れるなど偉い目に遭ってしまいましたが、それでもやっぱり走るのは楽しいものです。

 奥多摩周遊道路の話ではないですが、自分自身、いつまでも元気に安全に走ることができるよう心がけたいものだと思いました。

Sws000006_2 今回のルートです。
 走行距離約274km、所要時間約6時間36分 

| | | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

ビーナスラインツーリング

 今年の夏は、本当に暑い。。。。

 自宅~駅までの間のわずか15分で、日向に置いたアイスの様に脳みそが溶けるのを感じる毎日。。。

Img_6942_2 そこで、どこでも良いから涼しいところを思いっきり走りたいっ!との想いを抑えられなくなり、無理矢理都合を付けてツーリングに出かけることにしました。

 いつもよりは若干早かったのですが、関越はこの通り、いつものように渋滞中。

 高速道路無料化よりも、上限1000円(バイク。車は2000)制度になった方が渋滞が減って良くなると思っている一人です。
… にしても、渋滞につきあうと、とっても暑い。。。

Dsc_3265  下仁田ICを降りて、国道254号線を走っていると、「荒船風穴」の看板が目に入ったので立ち寄ってみることにしました。

 ココは「富岡製糸場と絹産業遺産群」の1つで、世界遺産暫定リストに掲載されている将来の世界遺産の候補です。

 一般に富岡製糸場が有名ですが、工場での大量製糸を支えるために、養蚕の多数回化のために、夏にカイコのタマゴを貯蔵したところです。

 石組みの隙間から冷気が吹き出ており、まさに天然の冷蔵庫。この日も、外気温は30度近くありましたが、風穴の中はなんとたったの3度でした。

 なお、ちょっと離れたところに駐車場があるのですが、そこから遺跡までのアプローチが未舗装の斜面であり、滑りやすいので、特に女性の方などは履き物に注意が必要です。


Img_6963_2  下仁田からの国道254号は、別名コスモス街道とも呼ばれており、特に佐久の手前は道の両側にコスモスが植えられており、秋にはとっても綺麗な道です。

 また、妙義山の近く(裏?)でもあり、道の両側の山肌には奇岩が多く、走っていて飽きない道です。

 交通量もかなり少なく、Taku.Min的には時間があるなら高速を使わずに使いたい道の1つです。


 国道254号線に別れを告げ、県道152号線→県道40号線を白樺高原に向かって駆け上がっていきますが、どちらの県道もとても「いかにも信州の道!」という気持ちの良い快走路です。
 
Dsc_3276  途中、蓼科牧場があり、見えてきた建物が「牛乳専科もうもう」さん。

 ここは、牛乳とアイスがとっても美味しいお店で、私はソフトクリームをいただきましたが、濃厚な牛乳の味と、浅間山をバックに牛を見るというロケーションの相乗効果でとても美味しかったです。

 白樺湖を越え、ビーナスラインに入るとそこは車山のすばらしい風景の中を走ることができます。

Dsc_3290  ビーナスラインは昔は有料道路で、大門峠~美ヶ原まで走るとバイクで2000円弱かかった超セレブな道でしたが、それだけにとても走りやすく、また綺麗な風景で有名な信州を代表する道でした。これが順次無料化され、2002年に完全無料化された時には、私は驚喜したものでした。

 有名なニッコウキスゲはさすがに終わっていましたが、緑の絨毯と青い空と白い雲…これぞ信州の道ですね。

 霧ヶ峰にある道の駅「霧の駅」で軽く昼食と昼寝をしたあと、再びビーナスラインを北上します。

Img_7022  この白樺平の辺りは、まさに白樺のトンネル!!

 車山や霧ヶ峰の辺りのように、オープンエアの中をガンガン走るのも気持ちが良いのですが、こういった木のトンネル・木漏れ日の中をゆっくりと、そう、まるで散歩するかのようにゆっくりと走るのも、また気持ちの良いものです。


 ビーナスラインを終点まで行き、県道62号線を左折、武石峠を越えてさらに左折した道が今回のツーリングのハイライト「美ヶ原高原道路」です。

Dsc_3299  実は、今まで一度も来たことが無かった(いつもは白樺平手前の扉峠からアザレアラインで松本に抜けていた)ので、初めて通ったのですが、ここはすごかった!

 何がすごいって、360度の眺望、特に焼山辺りの松本の町並みや周囲の山並みを見ながらのすばらしい眺望は、ヘルメットの中で思わず叫んでしまうくらいの気持ちよさ。

 距離自体は、県道から終点の美ヶ原自然保護センターまでの約5km、約10分足らずの短い距離ですが、来る価値は十分にある道です。
 
 正直なぜ今まで来なかったんだろうと、真剣に後悔してしまいました。

 何往復もしたいところですが、すでに夕方なので、そこはグッとこらえて帰路につくことにします。

 先ほどの分岐まで戻り、松本に向けて降りていくのですが、美鈴湖を過ぎたところで急に二輪車通交禁止の標識が!

 あわてて脇道に降りていったのですが、温泉街の中を突っ切ることになり、当初予定していた豊科ICの方に降りていこうと思ったのですが(この日は松本市内がお祭りだとかで通行止めが多くなっていました)、それがかなわず、結局松本市内を避ける形で塩尻北IC向かいました。


 中央道にに乗ればあとは一気に東京まで帰るだけです。

Img_7055_3  須玉付近では、正面に富士山を見ることができました。
 
 そう言えば、富士山も世界遺産を目指していますから、午前中の荒船風穴とあわせて2つの世界遺産候補を見ることができた訳です。何か得した気分(笑)

 もちろん、中央道恒例の談合坂SAから先の渋滞はお約束通り。

 しかし、今日はとっても気持ちの良い道をバンバン走れましたし、また、新しい道を発見できましたので、いつもならイヤになる渋滞も、不思議と気分良く走れてしまいます。

 これからも、ツーリングマップルをよく読み込んで、新しい道を発見したいモノです。
…そのためにもどんどんツーリングに行きたいのですが、さて、今年は後何回走れることやら...

 

Sws000005_2 今回のルートです。
 走行距離約521km、所要時間約10時間43分 



| | | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »