« 2010年型発表 | トップページ | 1000Km点検 »

2009年10月11日 (日)

日光ツーリング

 体育の日の3連休。
 前日の娘の幼稚園の運動会に1日つきあい、家に帰ってぼけっとしているところに、奥さんからの神の声が…

 「明日、天気が良さそうだから、走ってくれば?」

 全く予期していなかったので、ツーリングマップルにてルートを確認。昨今のダム騒ぎで感化されていたのか、なぜか「矢木沢ダム」というのが目にとまりました。
 色々考えると、すっと行けるなら、東北道~日光~金精峠~坤六峠~矢木沢ダム~関越道というのがルートとしておもしろそうです。
 とはいえ、東北道も込みそうなのが解っていますので、場合によっては逆の関越道からというのも想定できます。まぁ出たとこ勝負というところで、この日は寝る事にしました。

 朝8時半に出発。ガソリンを入れ、明治通りに出ると、「関越事故渋滞26km」の表示が。であれば、当初の予定通り東北道経由にする事に…。
Simg_4717  しかしこちらも断続的に26kmの渋滞表示がどこまで行っても消えず、日光道はすいていたものの、降りた瞬間から渋滞が待っていました。
 おまけに、どこのSAも車で満杯。バイクも天気が良いせいか沢山来ていましたが、やはり1400GTRは見かけません。納車してからのこの3ヶ月、未だにすれて違う事も、見かける事もありません。前のCBR1000Fに引き続き、レアな車に乗った事になりますが、やっぱりそういう車に乗るのが良いなぁと感じてしまう自分に苦笑です。

 結局、なんだかんだで東照宮前に付いたときにはすでに12:30。
 ここから約100km先の矢木沢ダムというのは、日帰りの日程では無理があります。
Sdsc_1307 そこで、腹をくくって、日光東照宮を堪能する事にしました。
 日光東照宮に来たのは、大学生のころ、まだFZR250に乗っていたころですので、なんと20年ぶりぐらい。記憶が定かではなかったのですが、回っている内に何となく思い出されてきました。
 ただ、残念だったのが、唐門が「平成の大修理」ということで修理中だった事、また、観光客が多すぎて、昔は自分で手を打って鳴き声を聞けた「鳴龍」が、今回は係の人が拍子木を打って聞く方式に変わっていたのは、少々残念でした。

Simg_4731  だいたい2時間ぐらい見学をし、いろは坂へ。
 こちらの大渋滞中で、こちらは、4年前にはあった2車線の内の1車線をバスレーン扱いして、バイクと観光バスを通させてくれていたのですが、それもなく、びっちり車が張り付いていました。

 明智平で軽く食事を食べて、さて、下りをどうするか見てみると、登りと同じくびっちり車が張り付いています。
 来るときに見た、足尾や足利へ抜ける道もかなり混んでそうでしたので、腹をくくって金精峠から沼田へ抜ける事にします(今思えばこれが不幸の始まりでした)。

 戦場ヶ原~金精峠栃木側ぐらいまではかなりすっと抜けたのですが、群馬側に入るとびっちり渋滞が。
Simg_4746 それでもなんとかすりすりしながら降りていったのですが、さすがにしんどくなり、路肩の駐車場っぽいところで地図チェックを兼ねた休憩をとることに。

 休憩が終わり、車の間を縫って道路に出ようとしたところ、ガリッっと嫌な音が。
 なんと、右パニアを看板のようなモノに引っかけて大きな傷が!!
 納車後3度目のツーリング、もうすぐ1000kmというところでこの傷はさすがにこたえました。

Simg_4748  傷心のまま、ずりずりと(まさにそんな感じで)下っていく最中に、めでたくODO1000kmが達成できました。これでやっと1000km点検に出す事ができます。その時に、先ほどつけた傷についても相談する事にしてみましょう。

 沼田ICに何とかたどり着いた後も、すぐに渋滞。延々関越道も渋滞につきあわされ、結局東京の我が家に付いたのはちょうど22:00。たかだか400kmのツーリング、しかも3/4も高速使ってこの時間というのは、いかに込んでいたかがわかろうというもの。

 世の中では、高速代の無料化が噂されていますが、やはり、無料化は無謀です。1000円になっただけで、これだけ混んでいるのに、さらに無料になってしまうと、どうなってしまうのでしょう?高速もさることながら、その先の一般道は、それだけの車を受け入れられるだけのキャパシティを持っていないところがほとんどなのです。この問題は、もうすこしトータルで考える必要があるのかもしれないと、つくづく考えさせられました。

 とはいえ、急遽決まったツーリングでしたが、天気のいい中、高原を走るのはとても気持ちが良いもの(のハズ!!)。行かせてくれた家族に感謝です。

 … さて、1000km点検とパニアの傷、どうするかなぁ。。。

 
 

| |

« 2010年型発表 | トップページ | 1000Km点検 »

コメント

 はじめまして。「SPRINTST」で辿り着きお邪魔しました。
 私も今年の6月にSPRINTSTに乗りかえ、週末にぼちぼち距離を稼いでいます。SPRINTSTも候補の一つだったと聞いてちょっと親近感を感じた次第です。
 私も時々、道志~山中湖を流しています。2009年式紺のSPRINTST(帰りの中央道渋滞考慮でパニアケースつけてません)を見かけましたら是非!声を掛けてください(*´v゚*)ゞ

投稿: SPRINT乗り | 2009年10月14日 (水) 19時21分

SPRINTSTさんこんにちは

 コメントありがとうございます。

 SprintSTですか。しかも2009年の紺!正直なところ、乗るならこの色だとおもっていた色ですので(やっぱりトライアンフは紺色がいいですよね)、とてもうらやましいです。

 あの大きさ、装備の充実ぶりなどを考えると、日本ではベストマッチな大きさとキャラクターだと思います。
しかもトリプル…。どんな乗り味なのかはとっても興味があります。

 本当に最後まで悩んだんですが、やっぱり地方勤務があるとどうしてもメンテナンスに不安があって、全国どこでもメンテナンスを受けられるであろう国産車を選択しました。
 
 私も道志~山中湖はホームコースですので(そこから河口湖~御坂峠~奥多摩に抜けるのがメインコースです)、良く出没します(そのはず…)ので、見かけたら声をかけてください。

 今後ともよろしくお願いいたします。
  

投稿: Taku.Min | 2009年10月15日 (木) 01時55分

 Taku.Minさん、こんばんは。

 SPRINTの前は国産のツアラー(超レア車です)に乗っていたのですが、SPRINTはとても乗りやすいです。ハンドリングもとても素直で乗ってしまえば大きさも気になりませんし、高速も楽々です。SPRINTにして高速巡航速度が20km/hは上がりました(^-^;
 3気筒の音(?)は今だ慣れませんが、大好きなフルカウルツアラー長く大事に乗りたいな~と思っています。

 寒くなってきましたが、気張って乗りましょうね!

投稿: SPRINT乗り | 2009年10月15日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年型発表 | トップページ | 1000Km点検 »