« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月17日 (土)

ProjektD フロントフェンダー・エクステンダー

Simg_4754 CONCOURS14は、前も後ろも意外とフェンダーは、雨の中の走行が十分に想定されるツアラーとしては、かなり短めです。
 まぁ後ろについては、パニアが汚れる程度なのですが、前はラジエーターをはじめとして、広範囲が汚れ、しかも、熱によりこびりついてしまう可能性が極めて高いです。

 そこで、ラジエーターそのものにはカバーをつけたのですが、これを1400GTR & CONCOURS14乗り御用達のProjektDで頼んだときには、なんと通常なら30ドルもするフロントフェンダー・エクステンダーが、ラジエーターカバー99ドルとセットなら109ドルでOKというとてもお得なセールもやっていました。もちろん、単品ではなくセットでポチッとしてしまったのは言うまでもありません。

Simg_4757  かくして届いたブツはとっても簡単なモノ。本体とネジ4ヶ、1枚ペラの簡単な解説書があるのみです。

 といっても作業自体は簡単で、フェンダーにネジ穴を開け、固定すればそれで終わりという、作業時間も20分もあれば十分に終わるものです。

 本来なら、きちんとフェンダーを外して作業しなければならないのですが、横着してそのまま作業した結果、両脇はねじ穴を開けられたのですが、中心側はねじ穴を開ける事ができませんでした。

Simg_4758  なので、この日は、接着剤で真ん中を止める事にし、後日、タイヤ交換をした時にでも真ん中2つは作業する事にいたします。

 機能製品ではありますが、できればその性能を確認・発揮する状況が来ない事を祈っています。

  
 
  

Simg_4755 取り付け前







 

Simg_4759 取り付け後

| | | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

1000Km点検

 昨日のツーリングで、やっと1,000kmを越えましたので、2ヶ月遅れの1,000km点検に出してきました。

 エンジンオイル(フィルター込み)と、シャフトドライブのオイルを交換したのと、基本的なチェックをやっていただきましたが、ラジエーターの冷却水が、若干蒸発気味だったことをのぞけば、全く問題ありませんとのこと。

 あらかじめ電話をしたときには、1時間か1時間半で終わるはず…とのことでしたが、結局全部で4時間くらいかかりました。仕事はとっても丁寧にやってくれたので良かったです(拙速よりもよっぽどマシです!)。

 メーカー指定の慣らしは1,600kmまで8,000rpmに押さえろというモノ。
 あと500kmちょっとです。

 段々、人間の方も慣れてきた感じがありますが、もうすこしがんばって、冬が来る前に終えたいと思っています。

 DATE: 2009.10.12
 ODO : 1,188km

| | | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

日光ツーリング

 体育の日の3連休。
 前日の娘の幼稚園の運動会に1日つきあい、家に帰ってぼけっとしているところに、奥さんからの神の声が…

 「明日、天気が良さそうだから、走ってくれば?」

 全く予期していなかったので、ツーリングマップルにてルートを確認。昨今のダム騒ぎで感化されていたのか、なぜか「矢木沢ダム」というのが目にとまりました。
 色々考えると、すっと行けるなら、東北道~日光~金精峠~坤六峠~矢木沢ダム~関越道というのがルートとしておもしろそうです。
 とはいえ、東北道も込みそうなのが解っていますので、場合によっては逆の関越道からというのも想定できます。まぁ出たとこ勝負というところで、この日は寝る事にしました。

 朝8時半に出発。ガソリンを入れ、明治通りに出ると、「関越事故渋滞26km」の表示が。であれば、当初の予定通り東北道経由にする事に…。
Simg_4717  しかしこちらも断続的に26kmの渋滞表示がどこまで行っても消えず、日光道はすいていたものの、降りた瞬間から渋滞が待っていました。
 おまけに、どこのSAも車で満杯。バイクも天気が良いせいか沢山来ていましたが、やはり1400GTRは見かけません。納車してからのこの3ヶ月、未だにすれて違う事も、見かける事もありません。前のCBR1000Fに引き続き、レアな車に乗った事になりますが、やっぱりそういう車に乗るのが良いなぁと感じてしまう自分に苦笑です。

 結局、なんだかんだで東照宮前に付いたときにはすでに12:30。
 ここから約100km先の矢木沢ダムというのは、日帰りの日程では無理があります。
Sdsc_1307 そこで、腹をくくって、日光東照宮を堪能する事にしました。
 日光東照宮に来たのは、大学生のころ、まだFZR250に乗っていたころですので、なんと20年ぶりぐらい。記憶が定かではなかったのですが、回っている内に何となく思い出されてきました。
 ただ、残念だったのが、唐門が「平成の大修理」ということで修理中だった事、また、観光客が多すぎて、昔は自分で手を打って鳴き声を聞けた「鳴龍」が、今回は係の人が拍子木を打って聞く方式に変わっていたのは、少々残念でした。

Simg_4731  だいたい2時間ぐらい見学をし、いろは坂へ。
 こちらの大渋滞中で、こちらは、4年前にはあった2車線の内の1車線をバスレーン扱いして、バイクと観光バスを通させてくれていたのですが、それもなく、びっちり車が張り付いていました。

 明智平で軽く食事を食べて、さて、下りをどうするか見てみると、登りと同じくびっちり車が張り付いています。
 来るときに見た、足尾や足利へ抜ける道もかなり混んでそうでしたので、腹をくくって金精峠から沼田へ抜ける事にします(今思えばこれが不幸の始まりでした)。

 戦場ヶ原~金精峠栃木側ぐらいまではかなりすっと抜けたのですが、群馬側に入るとびっちり渋滞が。
Simg_4746 それでもなんとかすりすりしながら降りていったのですが、さすがにしんどくなり、路肩の駐車場っぽいところで地図チェックを兼ねた休憩をとることに。

 休憩が終わり、車の間を縫って道路に出ようとしたところ、ガリッっと嫌な音が。
 なんと、右パニアを看板のようなモノに引っかけて大きな傷が!!
 納車後3度目のツーリング、もうすぐ1000kmというところでこの傷はさすがにこたえました。

Simg_4748  傷心のまま、ずりずりと(まさにそんな感じで)下っていく最中に、めでたくODO1000kmが達成できました。これでやっと1000km点検に出す事ができます。その時に、先ほどつけた傷についても相談する事にしてみましょう。

 沼田ICに何とかたどり着いた後も、すぐに渋滞。延々関越道も渋滞につきあわされ、結局東京の我が家に付いたのはちょうど22:00。たかだか400kmのツーリング、しかも3/4も高速使ってこの時間というのは、いかに込んでいたかがわかろうというもの。

 世の中では、高速代の無料化が噂されていますが、やはり、無料化は無謀です。1000円になっただけで、これだけ混んでいるのに、さらに無料になってしまうと、どうなってしまうのでしょう?高速もさることながら、その先の一般道は、それだけの車を受け入れられるだけのキャパシティを持っていないところがほとんどなのです。この問題は、もうすこしトータルで考える必要があるのかもしれないと、つくづく考えさせられました。

 とはいえ、急遽決まったツーリングでしたが、天気のいい中、高原を走るのはとても気持ちが良いもの(のハズ!!)。行かせてくれた家族に感謝です。

 … さて、1000km点検とパニアの傷、どうするかなぁ。。。

 
 

| | | コメント (3)

2009年10月10日 (土)

2010年型発表

 ついに2010年型が発表になりました。

S001l←2010年型

 かなりフルモデルチェンジに近いとの話は聞いていましたが、結構変わっているようです。

 

 

 
 

S1400gtr_2←2008年型

 
 

 

  

 主な変更点としては…

  • 「KTRC」と言われるトラクションコントロール標準装備
  • 「K-ACT ABS」と言われる前後連動型ABS付きブレーキシステムの採用(モード変更機能有り)
  • フェアリングはダクトを大きくして熱対策
  • あわせてスクリーンも7cmロング化(これって元々純正オプションになってたヤツですかねぇ?)&位置のメモリー機能搭載
  • タンク上にあった小物入れが左アッパーカウルに移動(写真を見る限りタンク丈夫は、そのままダミーカバーがありそう)
  • その下にコントローラーを配したグリップヒーター標準装備
  • ミラー位置の変更
  • マフラーデザインの変更&エキパイ集合部からサイレンサーまでの間に、たぶん熱対策のプレートの設置 

S003l などなど、かなり気合いの入った変更がなされております。

 もちろん値段も国内向けの仕様で約9万円アップの168万円。

 これだけ装備の充実が図られて9万円アップというのをどう評価するかでしょうね。

 ちなみに私の場合は

  • トラクションコントロールが必要なほど、開けられない…orz...
  • 前後連動はあれば欲しいけど(前車のCBR1000Fでその良さを実感済み)、まぁコントローラブルな今のブレーキでもABSが付いていればまぁ良いか…
  • フェアリングのデザインは、正直今の方が良いかな。でも暑いけど。
  • スクリーンは、逆に今の方が風が当たって良いです。やっぱり無風はやだなぁ。
  • アッパーカウルの小物入れは正直欲しいです。ただ、タンク上もなくさない方が良かったかも。いずれにせよKIPASSと連動して欲しいなぁ。
  • グリップヒーターはホンダにヤツをつけましたので…。
  • ミラーの位置は、正直パニアをつけると真後ろが見にくく感じるときがあるので、これは新型の方が良いかも
  • マフラーデザインは、まぁどうでもいいや。いずれ換えるかもしれないしね。

というところで、これなら、待たなくても良かったかな、という感じでした(特に装備はともかくデザインがね。。。現行型の方がかっこよく見えるんです)。

 と、待つかどうかと悩んだ時期もありましたが、やっぱり今の子で良かったと思うとともに、本当に長く乗ってあげようと改めて決心いたしました。

USA Kawasaki

http://newproductlaunch.kawasaki.com/Products/Photos.aspx?productid=434&featured

| | | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »