« 草津ツーリング | トップページ | 2010年型発表 »

2009年9月23日 (水)

ProjektDラジエーターカバー

Simg_4713_2 CONCOURS14は、なんとラジエーターにカバーが付いておらず、コアがむき出しとなっています。

 しかし、バイクに少しでも乗った事がある方なら解ると思いますが、ラジエーターは泥や石が意外と跳ねていたり、虫もかなり吸い込まれたりして、コアがつぶれたりすることが結構あるモノなのです。

 これまで乗った全ての水冷バイクには、ちゃんとラジエーターカバーがあったのですが、なぜかCONCOURS14にはありません。こんなところでせこくコストダウンをはかっているのでしょう。

 何とかしなくては…とネットをさまよったところ、1400GTR&CONCOURS14乗りの御用達、台湾のPrjektDがラジエーターカバーを出している事が解りました(2009年8月現在で、送料・関税別で99USドル)。

 そこで、カードを握りしめてポチッとしてしまったんですが、なんと何度やっても最後の登録ができず、しかも2週間近くその状態が続きました。

Simg_4711 このため、一度はあきらめて自作することにし、ホームセンターをさまよい、自作のメドがたったところで採寸&型取りまで終わり、いざ材料と工具を購入を!というところで、まぁ気休めに・・・ともう一度ProjektDでポチッとしたところ、今度はなぜかあっさりと成功。前回のチャレンジは何だったんだろう、といぶかしがるくらい。
 ただし、やっぱりオチは付いていて、「俺たちは9月6日まで夏休みなので、休みが終わった後に送るからちょっと待ってくれ」とのふざけたメールが届きました。こっちは夏休みも取れずに仕事させられているっていうのにっ!!

 ということで、9月6日から10日くらいで我が家に届きましたので、早速装着してみました。

Simg_4712  構造的には非常に簡単で、ステンレス製の金網と同じくステンレス製の外枠とがリベットで泊まっているだけという代物です(自作仕様としていた構造と全く同じ)。

 バイクへの装着も、上の両端2ヶ所が折り曲げられていてラジエーターに引っかけるだけ。下側で、ラジエーターと一緒にとも締めして固定するという、きわめて簡単な構造になっています。

 ただし、送られてきたときに付いているRではきつすぎて結構両側が浮いてしまうと思います。私の場合は、一度ある程度Rを緩くしてから、装着しながらあわせていきました(あんまりまっすぐにしすぎると、装着の際にホーンと干渉するので注意が必要です。)。

Simg_4714  まぁドレスアップとか性能には全く効果がないモノではありますが、コアがつぶれないようにということでは効果がありそうです。
…ドレスアップと言えば、ロゴはCONCOURS14・1400GTR・
Ninja・ロゴ無しの4種類から選べます(ロゴの有無での値段の差はありません)

 

| |

« 草津ツーリング | トップページ | 2010年型発表 »

コメント

ラジエーターカバーいいですね。
それに作りがしっかりしてます。
わたしも作ったのですが、ここまで丁寧ではありません。
しかし買ったものより愛着はありますね。

投稿: pナッツ | 2015年2月20日 (金) 11時20分

pナッツさんこんにちは。書き込みありがとうございました。

 ラジエターカバー自作されたんですね。ブログ拝見しましたが、赤いラジエーターカバーが素晴らしい出来でうらやましいです。

 記事にも書きましたように、私もギリギリまで自作を目指してがんばっていたんですが、フレームとメッシュをどうくっつけるか、またそれが車体側をどう傷つけないように処理するかで悩んでいました。

 ところで、pナッツさんが作られたラジエーターカバーですが、とても綺麗に止まっていますが、どうやって止められたのか、さらに空間を作るためのネジのラジエーター側をどう処理されたのかがとても気になります。

 

 

投稿: Taku.Min | 2015年2月21日 (土) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草津ツーリング | トップページ | 2010年型発表 »