2019年8月10日 (土)

奥会津"耐久"ツーリング

【プロローグ】

 今年のお盆休みは、週半ばの台風襲来予想と、家の用事てんこ盛りのため、キャンプはあきらめ、久しぶりに1日で1000km走るという超ロングツーリングに行こうと考えました。

Img_3978_02 しかしながら、残念なことにいくつかのルートを考えていましたが、どこをどう走っても、途中でか

 

なり強めの雨に遭ってしまいそうな天気予報に、1000kmツーリングはあきらめざるを得ませんでした。

 そこで、これまで走ったことの無い道で、雨をできるだけ避けられ、しかも涼しそうな山間の道…ということで、奥会津に行ってみることにしました。

 自分としては、かなり早くに起きての出発。空にはほとんど雲が無く、上ってすぐの太陽が横からオレンジに照らすこの感じ…。久しぶりのこの感じに、ワクワクが止まりません。

 さて、今日一日、どんなツーリングとなるのでしょうか?楽しみです!


 

  

  

【猪苗代湖】

Img_4018_02  朝の東名高速は、お盆ウィーク初日の割には渋滞も思っていたより短く、順調に距離と時間を稼ぐことができました。

 白川中央スマートICで降りてやってきた猪苗代湖。この辺りに来るときは大抵3ラインに上がってしまうので、猪苗代湖沿いを走るのは、ほとんど記憶に無いくらいです。

 夏の青空の下、これだけ広い湖を見ていると、なんだか海に来たような感じにも。

 いかにも夏ッって感じがいいですね!

  

  

【え?うそぉ~!】

Img_4040  それにしても、今日は(も?)とんでもなく暑いです。

 湖岸を走っているときは、まだそれなりに涼しく感じられたのですが、湖からちょっと離れると、あっという間にじりじりと容赦なく炙られます。

 このため、最初は会津といえば…とソースカツ丼か喜多方ラーメンか…と考えていましたが、この暑さの中では、そんな物をがっつり食べる気も失せてしまいました。

 そこで、と、給油ついでにネットで調べてみると、会津若松のB級グルメとして"カレー焼きそば"なるモノがあるとのこと。
 しかも、街中にある野口英世広場の中に、発祥の店が復活経営中とのこと(そういう記事があったのです)。これは行ってみるか…とやってきましたが、なんと別のお店になっている。

 それでは、と、近所のお店をもう一軒探していって見るも、ココも別のお店に…。さらに「さっきノボリがあったな…」と回って見るも、こちらも営業しておらず。。。

 会津は盆地でタダでさえ暑いのに、この気温では、さすがにこれ以上探しまくるのは…とあきらめ、近くのコンビニで水分補給をしてから先を急ぐことにしました。

  

  

【アイス牧場】

Img_4046  とは言っても良い時間でもあるので、道々どこかでそばでも何かでも…と物色しながら走っていると、「アイス牧場」の看板が!迷うこと無く飛び込みましたw

 ここは、「べこの乳」という牛乳を販売している会津中央乳業さんの直営ソフト&アイス屋さんで、結構人気なようで、ひっきりなしにお客さんもやってきています。

 味は、こってりというほどでは無いですが、それでもしっかり牛乳の味がしていて、とっても美味しかったですが、この暑さであっという間に溶けてしまうのが、ちょっと残念でした。

  

  

【暑さとの戦い】

Img_4075  さて、アイス牧場のあと、ここからどう走るか、なのですが、ネットの天気予報を見ると、高速道路で降られる時間がちょっと早まっているようです。

 そこで、最初の予定では、ここから奥只見湖を経由するルートを考えていたのですが、田子倉湖経由のルートにして、少しショートカットすることにしました。

 ただ…このルート、道はとても良いのですが、如何せん、止まって休むことができる、できれば日陰があるような場所もほとんど無く、しかも、車載の外気温計は37℃を示している状況では、さすがにクラクラきてしまいます。

 なんとか集落に入ったところで自販機を見つけ、慌てて水分補給をします。

 それにしても、この山間でも37℃です。下の方ならもっと気温が高いでしょう。バイク乗りで熱中症で事故を起こしたりしなければ良いけどなぁ…などとボーッと考えながら、自販機や、文化財の古民家(中に入って見学しようという気力はとっくに失われていました…)の入り口にあるわずかな日陰で休むのでした。

  

  

【田子倉湖】

Img_4094  自販機ごとにペットボトル1本の水分を補給しながら、たどり着いたのが田子倉湖です。

 このダムには、この手の山奥のダム湖には珍しく、遊覧船乗り場やお土産屋さんもあり、しかも軽食メニューも。

 ダムカードをもらいながら、お店の方にまだ食べられるか確認すると、OKとのこと。

  

  

Img_4087  そこでいただいたのが、昼ご飯で食べ損ねた「カレー焼きそば」です。

 思っていたよりしっかりした一品で、カレーはちゃんとしたレトルトっぽく無い、コクというか味がしっかりしていて、カレー専門店で食べるのに近い味が、また肉やら野菜ヤらもちゃんと入っていて、そういった点で、とても美味しい一品でした。

 ただ、お店の方に、どうだったか聞かれて、味はとても良かったけども、もうちょっと量があると、嬉しかったかな(笑)とポロッと本音が出てしまいました(笑)

 とは言っても、お昼にあれだけ苦労しても食べられなかったカレー焼きそばが食べられただけでも、しかもそれが美味しかったということもあって、私的には大満足ではありました!

  

  

【エピローグ】

 湖の周囲のワインディングロードを楽しんだ後は、小出ICから関越道でで帰ります。

 雨雲レーダーでは、1時間後に、沼田の辺りで、結構強い雨が降るとの予想が。
 小出ICから1時間走れば、混んでいない限り沼田は超えているはず…と頑張ってみましたが、残念なことに、関越トンネル抜けたところで弱いシャワーが、予定通り(笑)沼田ICを過ぎたところで結構強めの雨が降ってきました。

Img_4133  とはいっても、どちらも数分で雨の区域を抜けられましたので、ムチャクチャずぶ濡れになるというほどでは無く、これですんで良かった~というのが正直なところ。

 この後、平野部に出たところで、一気に暑くなった(日没後でも34℃!…)のに閉口しながら、それでも土曜日のこの時間にしては珍しく全く渋滞の無い関越道(もしかして、ここまで車が無いのは初めて?)をひた走り、自宅に着いたのが20時半すぎ。
 これなら後3時間分の距離(100kmぐらい?)伸ばしても…少なくとも奥只見ルートしても良かったか…いやいや絶対かなり強い雨に捕まっていたはず…と葛藤もありましたが、まぁ、あまり降られなかっただけでもよしとしましょう。

 それにしても、暑さを避けて山の中に入ったはずでしたが、予想外の猛暑にクラクラ。当初の予定では距離という意味での耐久ツーリングのはずでしたが、暑さという意味での耐久になってしまいました。

 まだまだ暑い日は続きます。
 ライダーの皆さん、熱中症にはくれぐれも気をつけて、早め早めの休憩とこまめに水分を取ってくださいね!

  

  

S20190810-map本日のデータ
 走行距離:約661km
 所要時間:15時間20分
 平均燃費:22.3km/L

 

 

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

雨の富士宮・身延ツー

【プロローグ】

Img_3893  この三連休も雨かぁ…と、週半ばでせっかくの7月の三連休をあきらめていたのですが、やっぱり雨が降っていた金曜日の夜にいつものGPV気象予報や天気予報を見ると、なんとか土曜日に限っては持ちそうな感じ。

 3連休ということで、渋滞もあるだろうし、ダメ元で朝起きてそこで判断するかぁ…と早く寝たのですが、結果として朝起きれず。

 この時点で改めて天気予報を等を見たのですが、やはり遅くならなければなんとかなりそうとの予報。慌てて、高速割引プランに申し込み、バタバタッと家を出たのが8時半。空はどんより曇っています。

 もちろん、東名高速は絶賛渋滞中ですが、まぁこれは仕方が無いこと。さて、天気はどうなることやら。少なくとも夕方まで持てば良いのですが…。

  

  

【お好み食堂 伊東】

Simg_3900  さて、少しでも天気が持ちそうな…ということでやってきたのは、富士宮の「お好み食堂 伊東」さん。

 富士宮といえば焼きそばですが、こちらでは、富士宮やきそばとお好み焼きが合わさった、広島風お好み焼きやモダン焼きといった感じの「しぐれ焼き」が食べられると言うことでやってきました。

 人気店ということで待っている人も沢山いらっしゃいましたが、ノートに名前を書いて待っていると、20分ぐらいで店内に案内されました。

 ちなみに、席は鉄板前と座敷とが選べますが、やっぱり目の前で焼いていただいた方が臨場感があって良いかなぁとは思います。


 頼んだのはもちろん「五目しぐれ焼き」。ですが、焼けるまでにしばらくかかるだろうということで、静岡おでんもいただきました。

Img_3903  おでんは、いわゆる「しぞーかおでん」と言われる、黒い汁にカツオの粉をかけて食べるヤツで、なんと全品70円という太っ腹な値段設定!どれも味がしみていてとても美味しく、つい7品も頼んでしまいました。

 そうこうするうちに焼けてきたのが、しぐれ焼きです。


 広島風お好み焼きに比べると、もっちりした生地と、しっかりした焼きそばとで、これはこれでとても美味しかったです!五目の並でも十分ボリュームたっぷりで、しかも630円とリーズナブル!

 待つのが嫌で無ければ、オススメですよ!

  

  

【やっぱり降られた…】

 満足してお店を出ると、なんとすでに雨が!
 新調したばかりの革製グローブを濡らしたくないので、近所のコンビニで工事等で使うような手袋を買い、改めてルートを検討します。

Img_3907  が、朝見た予報とは異なり、どこに行っても富士山周辺は雨模様。おまけに東名沿いも雨模様で戻ることもできず…。
 少しでもお雲が切れていそうな、富士川沿いに一本当初の予定より通る道をずらすことに。

 そのために超えた国道469号線は、ぜったい林道だったろ!と言いたくなるような狭い道で、しかも結構雨が降っていましたので、ドキドキしながらの峠越えとなりました。

 ただ、富士川沿いに出たところでは、ある程度雨も小雨というか止んできましたので、ちょっと一安心。
 景色的には、雲も多く、川の水も濁っていて、けっして良いとは言えませんし、路面も結構濡れていますが、それでも、伸びやかにうねる快走路を楽しめました。

  

  

【みのぶまんじゅう】

 身延の街中に来ることには、雨も止んでいましたが、それなりに気温があるとはいえ、ちょっと涼しいのも確かです(さすがに、フルメッシュの夏用ジャケットではねぇ…。)。

Img_3917  そこで、ばら売りが有り、お茶もいただけるというとてもありがたい和菓子屋の「栄昇堂」さんで、みのぶまんじゅうをいただきました。

 ここのおまんじゅうのいいのは、ばら売りが有り、しかも1個65円と安いことw
 しかも、味は甘過ぎることもなく、あっさり目でいくつもいけてしまう、とっても美味しいおまんじゅうで、最近気に入っているおまんじゅうの一つなのです。
 加えて、おまんじゅうを買うと、セルフでお茶がもらえ、店内や店横のベンチでいただくこともできます。

 温かいお茶によく合うおまんじゅうをいただき(1つでは我慢できず、おかわりしたのは秘密ですw)、ほっこり休憩ができました。

  

  

【ヒャホー! 写真取り放題だぜっ!!】

 おまんじゅうとお茶とでほっこりして、さて、出発です。

Img_3929  このまま北上するか、それとも本栖湖に抜けるかの2つに1つなのですが、天気予報的にはどちらに出ても雨に降られるのは確実です。

 ならばっ、と峠越えで本栖湖に抜けてみると…3連休の午後3時過ぎだというのに、誰もいない不思議な光景が!
 いつもなら、富士山と湖とをバックにバイクと写真を撮ろうにも、観光客だらけで満足に撮れないこの場所に、人っ子一人いないという不思議な状態が!
 
 もちろん、「ヒャホー! 写真取り放題だぜっ!!」となるわけですが………もちろん富士山なんて雲の向こうで見えませんorz

 でも、まぁ湖は見えますから、それで良しとすることにしましょう。

  

  

【エピローグ】

Img_3928  写真を思う存分…というか1枚だけだけど…撮って、トイレに寄って、あとは河口湖ICからまっすぐ帰宅です。

 まぁ…雨降っているし、クルマもいつもの10分の1以下という量ですから、裏の湖側をつなぐルートで無くても、国道でそのままICまっしぐら。結果、談合坂の先で渋滞となりましたが、それでも給油して18時半すぎには帰宅できました。

 ところで、前回の本栖湖では、この辺りを舞台にしたマンガ&アニメ「ゆるキャン△」の痛車を見かけたのですが、さすがに今回はいないだろうと思っていたところ、ごらんのようなちょっと控えめな痛車が!

 写真で写っているのは、あおいちゃんですが、反対側には凜ちゃんが、リアバンパーには恵那ちゃんが描かれています。

Syurukyan2  しかも、なんと、トヨタレンタリースの文字も見えます。もしかしたら社用車?とも思っていたのですが、帰宅後、ネットで調べてみると、トヨタレンタリース山梨では、石和駅前店と河口湖店で、このような特別仕様車を貸し出しているとか。

 いやぁ…「ゆるキャン」商魂たくましいなぁ…と思ってしまいましたが、よく考えれば、今日立ち寄った3カ所も、いずれもゆるキャンの聖地(伊東:7巻、栄昇堂:3巻、本栖湖:1巻(いずれもマンガの巻数))でもあるわけで…。私も結構ハマっているようです(笑)

 しかも、帰宅してみると、同じくゆるキャンにハマっている古い友人からゆるキャングッズが届いていたのは、できすぎな偶然でした。彼には感謝ですね!

 と、雨ではありましたが、なんだかんだで楽しくツーリングできました。

 とはいえ、次は青空の下で、気持ちよく走りたいものですね!!

  

  

S20190713-map

 本日のデータ
 走行距離:約340km
 所要時間:9時間50分
 平均燃費:21.9km/L

  

 

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

奥多摩お散歩ツーリング

【プロローグ】

 関東もいよいよ梅雨入りし、昨日の土曜日も一日中雨が降るなど、いつ乗れるか…という季節が始まっています。

Img_3749  昨日の天気予報では、朝方まで雨が降るか…という感じでしたが、起きてみると、かなり良い感じの青空が広がっています。

 最近は年を取ったせいか、日曜日にツーリングに行くと、仕事に差し支えるほど疲れが残ることも。このため、基本ツーリングは土曜日にと考えているのですが、この青空を見てしまうと、いても立ってもいられなくなり、近距離15時ぐらいまでには帰宅できる距離と、奥多摩にお散歩することにしました。

 ただ、いつものように高速を使うととても味気なくなるので、今日は基本、高速を使わず、下道オンリーでとシバリをかけてみました。

 それにしても、青梅街道・新青街道はいつぶりでしょう?もともと出身が東京の多摩地区なので、大学生のころ、250CCに乗っていた時は、よく使っていたのですが、就職して、大型に乗り換えてからは、高速道路を使うことが増えたこともあって、ほとんど使うことが無くなってしまいました。

 ですので、十何年ぶり以上の久しぶりの青梅街道ですが、あーこの店まだあったんだ、あ、このお店にはよくお世話になった…等々、とても懐かしく走ることができました。

 時には、こうやって下道オンリーというのも良いかもしれませんね。

  

  

【こ…これは…】

 青梅街道も、ここ数年(5年ぐらい?)は、奥多摩から帰るときは、奥多摩周遊道路→上野原ICEから中央道で、というのが定番になってしまったため、小河内ダムやそこから奥多摩街道で青梅まで、というのはかなり久しぶりでした。

Img_3756_02  その久しぶりの青梅街道は、なんと、多摩川南岸道路とかいう道が多摩川の南側に整備されているようで、そちらを通られている人達も多いようです。ということは、土日の夕方のあの激混みは解消されているのでしょうか?それが嫌で周遊道路経由で帰っているのですが…これは、いずれ機会があれば試してみることにしましょう。

 ということで、こちらもかなり久しぶりに来た大麦代園地駐車場(私はダムサイド駐車場よりこっちを使うことがほとんどです)には、衝撃の物が!

 なんと、痛車のみならず、痛車に書かれたアニメの主人公のマネキンとデートしている方が!!
 これには正直ビックリ!!痛車まではよく見かけますが、マネキンのハルヒ達とデートしているのを見るのは初めてですので、本当に驚きました。
 まぁ、世の中にはいろんな人がいらっしゃるので、良いと想いますが、この準備はどうやってやってるんでしょう?これも、とても気になりました。

  

  

【奥多摩湖】

Img_3766_02jpg  いつもは夕方、しかも柳沢峠から来ることがほとんどですので、こうやって湖面をすぐ下に見ながら走るというのはとても新鮮です。

 ただ、水はかなり少なく、ドラム缶橋も危険なので渡れないとの看板がでていましたから、相当水が少ないのでしょう。
 実際、この写真の左にも、普段なら水没している所が見えています。

 雨が降るのは正直いやなのですが、水が無いのも困ります。美味くバランス良く降ってくれると良いのですが、このままではちょっと夏が心配ですね。

  

  

【やっぱりソフト♪】

Img_3773  さて、今日はあくまで散歩なので、これ以上奥には行かず、奥多摩周遊道路で帰路につくことに。

 いつものように、周遊道路の檜原都民の森駐車場で、水分補給&久しぶりのソフトクリーム。
 ここに来るときは、時間が遅いことが多く、水分排出&補給をして、そそくさと帰ることが多いのですが、今日は久しぶりに、ソフトクリームも食べてみました。暑かったしね(笑)

 ココのソフトは、牧場のソフトとは違い、一般的なチェーン店(と呼んで良いのでしょうか?)のソフトなので、普通な味なのですが、今日のように暑いとやっぱり美味しく感じます。

 次は、どこかの牧場の濃厚なミルク香るヤツを食べることにしたいと思います。

  

  

【あ、間違えた】

Img_3782  今日はお散歩。時間も早いし、下道オンリーシバリだし、ということで、いつものように周遊道路→上野原ではなく、久しぶりに五日市に抜けるつもりではあったのです。

 が、習慣とは恐ろしいもので、気がついたときには、いつものように野原に抜ける浅間峠越えの道を走っていました。(苦笑)

 となれば、国道20号に出て、大垂水峠越えで帰るというのが、鉄板の下道ルートになります。

 やっぱりこの時間ですから、交通量も少なく、気持ちよく走れるはずなのですが、なぜか今日はお巡りさんがかなり多く、大垂水峠も、赤いランプをくるくるしながら白黒のセダンとすれ違うこと2回!
 まぁ、こんなところで捕まるのも何ですし、今日は散歩ですので、ゆっくりゆっくりと、大垂水峠を越えるのでした。

  

  

【暑さに…負けました】

 さて、峠を越えると、ちょうどお昼のピークが終わり、しかもランチタイムには間に合うという絶妙な時間です。
Img_3788  今日のお散歩の最大の目的は、前々から一度行ってみたかった、でも、距離が中途半端でなかなか行けなかった、あるお店に行くことでした。

 が、この暑さ!
 
 バイクの温度計は30度近くを示しており、いくらコスパよく、美味しいらしくても、そのためだけに今日散歩してきたとしても、この暑さに負けて、ガッツリ飯モノを食べるという気が無くなっていた私を責めることは、たぶんできないでしょう…できないはず、できないと良いなぁ…。

 お店の前を通るときには、口の中はご飯よりもキンキンに冷えた素麺か冷やし中華になってしまっており、今日も、そのお店に行くことができず、次回の課題とすることに。

 しかも、この暑さを延々2時間下道で都内まで帰るのは勘弁…と思い始め。午前中に決めた「下道オンリー」というシバリもなんのその、気がつくと八王子ICから高速に乗っていました。

 中央道の間は良かったのですが、高井戸から先が事故渋滞ということで、ごらんの有様。
 そこで、いつもなら、スリスリするのですが、今日は「下道デー」(←「シバリ」は無くなった(苦笑))だからと潔く下道へ降りたのでした。
  

  

【エピローグ】

 最後に、給油して、今日のお散歩は終わりです。

Img_3795  時間としては9時に出発して、14時40分着という、5時間半強、距離にして186kmちょいという、本当にお散歩程度のショートツーリングでした。

 本来なら、ここで下道オンリーは…と書けると良かったのですが、写真にもあるとおり、家に着いたときにはバイクの温度計で34.5度の表示!
 さすがに、この距離の割には、疲れてしまいました。

 ただ、やはり下道ツーリングは、高速を使うツーリングとはまた違った面白さがありるのがわかりました。
 というか、昔はお金が無かったので、よほど遠くに行く以外は、ほぼした道ばかりだったんですけどね…。そういう意味でも、初心を思い出せて、良かったと思いました。

 とはいっても、やっぱり距離走りたいなぁ…というのが本音なんですけどね♪(笑)

  

  

S20190617-map

 

本日のデータ
 走行距離:約186km
 所要時間:5時間40分
 平均燃費:18.1km/L

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

シーズン・イン最初はやっぱりホームコースツー

【プロローグ】

Img_3408   今年のGWは、天皇の代替わりもあって10連休!

 4月に入ってすぐぐらいは、キャンプに行こうか、ちょっと遠出しようかなんて考えていたのですが、なんだかんだで仕事が忙しくて、GWが近づくにつれ、ロングツーリングに行く気力と体力がどんどん奪われていく状況がつづきました。

 しかも、今年のGWは、やはり天気があまり良さそうではなく、キャンプもいつ行けるか…という感じ。

 結果、前半、車でキャンプに行き、バイクは毎日天気予報を見ながらタイミングを見ていて、やっと今日行くことができたというもの。

 おかげで、出だしの天気は、ちょっと薄い雲がかかっていますが、いい天気。といっても、雷予報もないわけではないので、いつものホームコースを回ることにしました。

 ビックリしたのが、この写真の状態。5月5日というGWまっただ中にもかかわらず、しかも9時過ぎという時間にもかかわらず、なぜか中央道はあり得ないほどがらっがら。

 シーズン・インして最初のツーリング、久しぶりのちゃんとしたツーリングにワクワクが止まりません♪

  

  

【秋山街道~道志街道】

Img_3428_02  ガラガラな中央道に感動しながら、いえ、もっと乗って距離稼ぐか…という誘惑を振り切りながら、いつものように、圏央道高尾ICで降りて、大垂水峠→秋山街道→道志街道と、カントリーロード&ワインディングロードを満喫します。

 山は新緑が初夏を思わせるような日差しに映え、また、里に入ると、微妙に残った遅咲きの桜が楽しめ、とても気持ちよく走れます。

 車でも楽しめるのでしょうけど、やはりオープンエアのバイクにはやっぱりかないません。こういうとき、「あ~、バイク乗りでよかった~♪」とつくづく思うのです。

  

  

【山中湖パノラマ台】

 

Dsc_2089__02  道の駅どうしのバイクの多さにビックリしながらも(もちろん素通り)、気持ちよく道志道を抜けた先は、もちろん山中湖です。

 いつもなら、湖畔に降りたり、湖岸道路をそのまま先へと行くのですが、これだけ天気が良いので、パノラマ台に寄り道してみました。 

 


 雲があるのがちょ~と残念ではありますが、それでもどか~んと広がる富士山は、見ていて気分が爽快になります。

 やっぱりここからの景色は、こうやって晴れていると、スカッとして良いですね!

  

  

【昼食はあらきうどんさん】

Img_3450_02  さて、そろそろ昼食の時間です。

 この辺りに来たら富士宮うどんなのですが、昨年行きつけのうどん屋さんが廃業されてしまいましたので、もう一つの行きつけである、あらきうどんさんにやってきました。

 ちょうど冷やしが始まったところで、今日のように暑い日にはうってつけ。ちくわと餅の天ぷらを追加トッピングして、とてもおいしくいただきました。

 


 ただ、いつもココに来ているので、新しい店を開拓する、というのも考えてみたいところ。
 今年のツーリングの課題とすることにしてみましょう。
 … どこかオススメのお店、ご存じの方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

  

  

【御坂峠】

Dsc_2107    お腹がいっぱいになったら、河口湖経由、御坂峠です。

 河口湖畔も、遅咲きの八重桜が結構咲いていて、一瞬止まって写真かなぁ…とも思いましたが、なんとなくそのまま通過してしまいました。

 御坂道の旧道は、かなりコチャコチャしたワインディングロードです。

 


 元々ヘタなのですが、この半年、峠をちゃんと走っていないので、リズムがやはり良くない感じがあります。

 それでも、一つ一つコーナーを抜けていくと、少しずつでも感覚が蘇ってくる感じがあります。それに従って、リズムも良くなってきますし、その分、気分も良くなってきます。それがまたスムーズさが若干ですが、良くなっていく気がします。
 
 こういうとき、やっぱりバイクはリズムと気分で乗る乗り物なんだなぁと思います。

  

  

【柳沢峠~奥多摩周遊道路】

Img_3467  御坂道の峠で、やっぱりぼーっとしばらく富士山と河口湖を眺めてから、塩山を抜け、柳沢峠へと向かいます。

 が、塩山の街に降りていったところで、かなりの気温に。バイクの気温計を見ると、26.5℃との表示に!
 ここまで上がると思わなかったので、インナーは軽めにしていますが、アウターは上下冬装備です。

 


 このため、走るほどに眠気が襲ってきて、いよいよ我慢できなくなってきたので、休憩のために塩山のマックに駆け込みました。
 クーラーの効いている店内で、お腹が膨れてきて…ごめんなさい、20分近く、意識を失ってしまっていました(あんなに寝てしまうとは…)。

 スッキリした後は、峠道を楽しみ、柳沢峠→奥多摩周遊道路に向かいます。
 奥多摩周遊道路の月夜見第一駐車場に着いたときには、太陽が山陰に沈みかけてきているタイミング。
 傾き、オレンジ成分が強くなった陽に照らされて、今日のツーリングが終わるのを感じられます。

 ところで、気になったことが一つ。
 奥多摩湖はかなりの渇水状態となっていました。この時期ならもう少し水がありそうなのですが、今年の冬は、ドカッと雪が降らなかったりしましたので、その影響も出ているかと。
 今は良いのですが、夏がどうなるか…。ちょっと心配ではありました。

  

  

【エピローグ】

Img_3476  ここでも、しばらく湖を眺めてから、山を下りていきます。
 私の場合、奥多摩周遊道路からそのまま五日市に出るのではなく、途中、風張峠を抜けて、上野原ICから中央高速に乗って帰るのが普通です。
 が、なぜか今日はそのまま国道20号で相模湖~大垂水峠と抜けて帰ってしまいました。

 高速道路が渋滞しているとの情報表示がありましたので、大垂水峠が混んでいるかなぁと心配していましたが、実際は、こちらはガラガラ。
 朝と同じように、気持ちよく走ることができ、ワインディング三昧な、今年最初のツーリングも終わりです。

 家の近所のガソリンスタンドで満タンにして、19半過ぎ、無事、帰宅しました。

 出発までは天気に翻弄されましたが、出かけてみれば、いい天気でとても気持ちよく走ることができました。
 今年のシーズン中のツーリングが、今日のようにいい天気に恵まれるように祈りつつ、バイクにカバーを掛けたのでした。

 

 

S20190505-map

 

本日のデータ
 走行距離:約367km
 所要時間:11時間30分
 平均燃費:20.7km/L

  

  

 

 

 
  

  

 



| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

お花見お散歩

 やっと待望の桜の季節、今年は満開と土日が上手くあったのですが、土曜日はあいにくの曇り模様。

Simg_3231_02 今日の日曜日は、いい天気になりましたので、バッテリーの充電も兼ねて、近所の桜をぷらっと見に行ってきました。

 まずは新青梅街道の桜並木。
 

 中野区の沼袋から哲学堂公園あたりまでは、桜のトンネルになります。

  車とは違い、バイクはフルオープンですから、桜のトンネルの中を走る気分の良さは格別です。

 同じように、中野通りも街路樹が桜なのですが、中野通は片側2車線のかなり広い道ですので、どうしてもトンネル感に欠けます。やっぱりこれぐらいか、もうちょっと狭い道だとトンネル感があって良いですね。

  

  

 

Sdsc_1963_02  次にやってきたのが、高田馬場の玄国寺。ここはしだれ桜が本当にきれいです。

 花見客は、ここから徒歩数分の戸山公園に行きますので、以外と穴場っぽくなっています。

 落ち着いた感じが私のツボにはまっていて、毎年、桜を見に来る…というと、ココは私の中では外せない箇所の一つですね。

  

  

    

Simg_3246_02  続いては、小滝橋付近の神田川沿いの桜です。

 同じ神田川の小滝橋付近でも、南側の中央線までの区間は、遊歩道の幅が広く、また、ちょっとしたスペースがあるのでお花見客宴会客が沢山いるのですが、北側の西武線までの間は、遊歩道区間も狭く、一部は車も通りますので歩いてみるだけ、というのが私にとってはお気に入りとなっています。

 

  

  

Simg_3263_02   この一角にあるのが、大正3年創業の「寒天工房 讃岐屋」さん。
 
 ここは、あんみつやみたらし団子等々がお店で食べられたり、持ち帰りもできたりする和スイーツのお店。

 昔からあるのは知っていたのですが、この時期、すごく混んでいるのを見てあきらめていたり、この時期以外だとあまりこの辺りに来なかったりで、なかなか来る機会がありませんでした。

 今日も、かなりの人達が並んでいたのですが、なぜか、玄国寺をでたあたりから、頭と口の中が「あんみつ…みたらし…」となってしまっていましたので、意を決して私も並ぶことに。

 持ち帰りでも10分少々待って買えたのですが、残念なことに、2人前の方が、みたらし団子23本まとめて注文されたため、待ち時間20以上と言われてしまいましたので、泣く泣くあきらめることに。結果、家族とあわせ、桜餡とこし餡のあんみつを買って帰りました。

 ちなみに味は、甘すぎることも無く、とっても上品な味で、すごく美味しかったです。次は、お店で食べたいものです!

 

 走行距離わずか23km、所要時間2時間という本当にお散歩がわりのミニミニツーリングでしたが、桜を満喫できた2時間でした。

 桜の季節が終われば、いよいよ本格的なツーリングシーズンです。

 今年はどこに行けるのでしょうか!今から楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

津久井湖周辺散歩

【プロローグ】

Img_3076_02  このところ、特に仕事でのストレスがハンパない状況が続いています。

 なのに、今日は家の用事が午後から入りそうということで、雲がほとんど無い、気持ちよく晴れた空を見上げては、残念に思っていたのですが、件の所要が午前中であっという間に終わってしまいました。

 ムチャクチャ暖かく、しかもきれいに晴れ渡った空を見ていると、いてもたってもいられなくなり、家族に言って、前回に引き続き、バイク散歩に出かけることにしました。

 

 

【春はすぐそこまで来ているようです】

 さて、どこに行くかですが、前回は都内を回ったので、今回は郊外にすることに。

 そこで、中央道に乗り、八王子ICで降りて向かったのは津久井湖です。

 最近は、国道20号→大垂水峠→相模湖→秋山街道というのが私の定番のツーリングコースでしたが、学生の頃は、国道20号から町田街道→城山と抜けて津久井湖経由で道志道に行くのが定番のツーリングコースでした。

 このため、ナビも特にセットせず、ここを右折だったはず…と、当時の記憶を頼りに、気持ちよく走っていたのですが、次に現れるはずの左折ポイントがいつまで経っても現れず…ナビで確認したところ、1本早く右折していることが解りました。

Img_3086  一瞬U-ターンするかとも思いましたが、行けるところまで行ってみよう、とそのまま細い林道のような道を走っていくと、城山湖に行く道にぶつかりました。
 この先行けるかな、と思いきや、城山湖周辺は2輪車通行禁止の看板が。
 そういえば30年ぐらい前に、事故の多発を理由に2輪車通行禁止になったなぁ…と思いだし、仕方なくそこから本来通りたかった道を逆方向から使うことになりました。

 結果、かなりの遠回りにはなりましたが、写真の様な梅の花が植えられているところが多くあり、しかもその梅が結構咲いているのを見ながら走ることができ、林道っぽい雰囲気と相まって、都会を走ったのでは味わえない、いかにもツーリングしています!という感じがとても良かったです。

 

 

【ひな祭り展】

Img_3094  多少の遠回りをしたものの、当初の目的地である津久井湖にやってきました。

 トイレ休憩もかねて、津久井湖観光センターに入ると、ひな祭り展をやっているとの案内が。
 せっかくなのでと覗いてみると、全部で7組ぐらいのおひな様が、"ひっそりと"展示されていました。

 これだけのおひな様が飾られているのはあまり見たことがないので、それなりにすごいなぁとは思うのですが、如何せん、部屋の電気も付けていないというやる気の無さが感じられる展示方法に、ちょっと残念に思ったのは、たぶん私だけではないはず。

 とはいえ、こうやっておひな様を見ていると、もうこんな時期になったんだなぁと、春を感じることができました。
 
 

【エピローグ】

Img_3104  この後は、相模湖経由で大垂水峠を堪能し、暖かいうちにと高速でまっすぐ帰宅。

 それにしても、自分はやっぱり峠道が好きなんだなぁとつくづく実感しました。
 大垂水峠のようなそれなりに変化に富んだ、気持ちよく走れる峠道はもちろんなんですが、道を間違えて通った林道もどきの道であっても、「あっ、この感じ、この感じ♪」と頬が緩んでしまったのは、心が峠道付きのツーリングを欲しているということなのでしょう。

 これからは本格的に花粉が飛びまくる季節ですので、山に行くのは自殺行為に他ならないのですが、ぜひとも、早くに花粉症シーズンが終わって、一日たっぷり峠道を走れるようになってほしいものです。

 

 

S20190223_map

本日のデータ
  走行距離 : 約130km
  所要時間 : 約3時間10分

  平均燃費 : 約20.3km/L

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

都内フラッと散歩

【プロローグ】

 ここのところ、仕事でのストレスがハンパない。たぶん、産業医にかかったら…というくらい。
 シーズン中なら、バイクでリフレッシュというところですが、花粉も飛び始めたこの時期は、いつもの年なら、家でおとなしくし始めている時期です。

 しかし、このたまったストレスを解消するには、バイクに乗るしか無いっ!と考え、せっかくこの時期に乗るならならと考えた行き先は霞ヶ浦半周コース。

Img_2975_02 なのに、せっかくの3連休初日も、なんと関東は雪が…。
 とはいえ、当初予想されていたよりも積もるほどでは無かったので、明けて今日日曜日なら走れるのでは?と、なんとか気合いで起きたのですが、様子を見るために外に出ると、寒いこと寒いこと。
 あまりの寒さに、「無理無理無理無理っ!」と、気持ちが潰えてしまいました。

 ただ、そうは言ってもバイクに乗りたいのは確か。天気も昨日とはうって変わっていい天気。

 そこで、都内ならなんとかなるかと、首都高速道路をくるっと一周してくることにしました。
 
 

【気持ちいいっ!】

Img_2980_02  遠出する訳でも無いので…と、ゆっくり家を出たのが12時近く。
 風もほとんど無く、薄い雲はあるものの青空たくさんの晴れた中、こうやってバイクに乗るのは、とてもスッキリして、気持ちの切り替えもできます。

 ただ、気になるのは路面状況
 ゆっくり家を出たので、これだけ晴れた中、すでに12時を回った頃なのですが、それでも、あちこちで未だに濡れているところが残っています。
 お昼過ぎでこれだけ路面が濡れているところがあるとなると、午前中は…?やはり今日は遠出は無理っぽかったなぁ…と自分を納得させました。

 

 

【えっ?何これ?】

Img_2987_02  首都高速をくるっと回って、湾岸線から、さぁレインボーブリッジだぁ♪と上っていくと…

 

 

 

 なんと、路面が真っ白!

Img_2988_02  融雪剤が残っているのだと思います。

 こんなに撒かれたのか…と思うと同時に、明日はバイク掃除決定だなぁと思いました。

 ただ、天気予報は確か雪マーク付いていなかったっけ?掃除ができる天候であることを祈るしかないですね。

 

 

【東京タワー】

 くるっと1周したとは、そのまま帰る予定だったのですが、あまりに天気が良いので、ちょっと寄り道してみることに。

Img_3046_02 まずは、レインボーブリッジと一緒にバイクが撮れるところが無いかなぁ…と、レインボーブリッジの袂をフラフラしてみましたが、良い撮影スポットが見つけられませんでした。

 そこで、なんとなく頭に浮かんだ東京タワーの袂から見上げる形で撮影できたら良いんじゃ無いか?と向かってみたのですが…東京タワーはすごい人・人・人!
 下から見上げる形で撮影どころか、駐車することも到底無理っ!というほどでしたので、あきらめて次の所に行くことにしました。
 
 

【汐留イタリア街】

 で、やってきたのが、汐留のイタリア街です。

Img_3058_02  このイタリア街は、汐留シオサイトの第5区のことで、石畳の道&建物の雰囲気がなんとなくイタリアっぽいのため、結構フォトジェニックな街並みとして有名です。

 一度来てみたかったので、やっとこれた、ちょっとベンチで休憩した後は、バイクと一緒に雰囲気ある写真が撮れれば…とワクワクしながら、中心部にある公園横にバイクを止めたのですが、なんと、沢山いるWINS汐留の警備員?さんがかなり高圧的にバイクを止めるな、と言ってきます。どこに止めたら良いのか聞いても「知らない、いいから止めるな」の一点張り。

 結果、休憩どころか、公園からちょっと離れたところで、この写真を含めて数枚撮る程度しかできませんでした。

 メインは夜景な所ですから、また今度行ってみたいと思います。
 
 

【エピローグ】

Img_3062  イタリア街の後は、給油して帰るだけ。

 なんだかんだで2時間半のお散歩ツーリング。楽しかったのですがちょっと物足りなかったというのも正直なところ。

 次は、いつ走れるのかわかりませんが、もうちょっとツーリングっぽく走れるといいなぁと思います。

  ただ、これからは花粉症のシーズンになるんですよねぇ...

 

 

S190210_map

本日のデータ
  走行距離 : 約105km
  所要時間 : 約3時間15分

  平均燃費 : 約17.7km/L

 

 

 

     
  

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

リモコンキーの電池交換

 納車から1年半、いよいよリモコンキーのバッテリー低下のワーニング(鍵と電池のマーク)が出るようになりました。
Simg_2949
 
 今のところは、バイクの電源を入れた直後にワーニングが出て、10秒もしないうちに消えてはいますが、走行中に出てしまうとめんどくさいことになりますので、この機会に代えておくことにします。
 
 用意するのはCR3032のボタン電池1個。
 写真では2個パックとなっていますが、残った1個は、バイクに乗るときにいつも持って行ってるバックの中に、予備として入れておくことにします。
Simg_2954
 
 リモコンキーのボタンを押してシート脱着等で使うメカニカルキーを出したら、気合いを入れてバッテリーカバーを取ります。
 ここで気合いを入れて、と書いたのは、Concours14のリモコンキーのように、ココにドライバー等を入れてこじって開けろといったガイドが無いため、ボタンで飛び出たメカニカルキーが収納されていた場所を利用して、気合いで開けるしか無いほどかなり固いためです。まぁ、ゆるゆるでもすぐに空いてしまっては困るので、これは仕方が無いのですが…。
 
 ボタンを交換したら、元のようにバッテリーカバーをパチンと装着して作業は終わりです(実質2分もあれば全ての作業が終わります。)。
 これで不安無くツーリングに行くことができるようになりました。
 さて、この電池、どれぐらい保つんでしょうね?
 

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

BMW NavigatorⅤのお気に入りポイント作成 (防備録)

 前回の三崎ツーリングで、GPSの補足がかなり怪しくなったナビ=ユピテル MCN43si ですが、買い換えるぞ!と話しかけると普通にGPSを補足したりするのですが、ツーリングに出かけてGPS補足が不安定というのは、どうしても精神衛生上良くないので、ナビを買い換えることにしました。

 もちろん、クレードルもありますので、そのまま昨年にモデルチェンジした本機後継機であるユピテル BNV-2にとも考えたのですが、ダメ元で、とディーラーに寄って店長に相談したところ、1つ型落ちのNavigator Ⅴなら安くできると言われ、日本に残っていた5個のうち1つを買うことにしました(地図も2018年版で、ソフトも最新の2.30なので、型落ちですが全く問題なし!ココには信義則上かけませんが、バイクを買うときに言われた値段よりも遙かに安かったです!)。
 NavigatorⅤは、純正ナビとしてお高い割に…と色々批判的にも言われていますが、ユピテルを使う前に GARMIN 205WPlus を使っていた私にとっては、やっぱりGARMINの地図表示は、小縮尺でも小道を粘って表示するので、とても使いやすいと思うのです。
29475
 ただ、久しぶりに使ってあれ?と思うのが、検索等で漢字が使えないことで、これが私にとって大きな問題となりました。
 とくに、検索した地点を「お気に入りポイント」として保存しようにも、漢字が使えないため、ポイント名がひらがな、カタカナ、ローマ字表記となってしまい、とても見にくいモノとなってしまいます。(漢字は使えました。(後述))
 そこで、GARMINの地図ソフトである「Base Camp」というソフトを使い、パソコンでお気に入りを作成することにします。
 GARMINのダウンロードページからBase Campをダウンロードし、パソコンにインストールします。
 ナビをパソコンにUSB接続し、ストレージモードになったら、Base Campを立ち上げます(以下、写真はクリックすると大きくなります。)。
 
01_2 立ち上がったら、上のメニューにある「地図」からナビで使っている地図「CN.Japan 2018」(地図のバージョンによって年号は変わると思います)を選択します。
 
 
02_2  ナビの地図が表示されたら、左のサイドメニューの上の方の窓で「BMW Motorrad NavigatorⅤ」→「Internal Storage」と選ぶと、下の「マイコレクション」窓に作成されているお気に入り地点が表示されます。
 
 
03_2 上のツールバーにある赤い旗のアイコン=「新しいウェイトポイントの作成」を選び、お気に入り地点を地図上でクリックします。
 すると、番号で表示されたポイント(図では「001」)が、地図上及び左のウェイトポイントが並んでいる「マイコレクション」窓の中に作成されます。
 
 
04  左のウェイトポイント一覧から、今作ったポイントをダブルクリックすると、編集用ウィンドウが開くので、必要に応じて、名称変更や各項目を記載し、全て書き終わったら「×」でウィンドウを閉じれば、作りたいウェイトポイントが作成されました。
 
 
05
 続いて、今できたウェイトポイントをクリックして選択しておき、上のメニューから「デバイス」→「デバイスへ送信」→「選択内容をデバイスに送信」を選びます。
 
 
06 すると、小窓が開きますので、「BMW Navigator Ⅴ」を選んでOKすれば、選んだウェイトポイントがナビに転送されます。
 
 ここまで作業したら、いったんBase Campを閉じます。USBをパソコンから抜けばナビを立ち上げることができますので、確認すると…
10261_2
無事、"漢字で"作成されました。
 作業自体は簡単ですが、やはりナビ本体だけでここまでこれないというのは、ちょっと残念なポイントではあります。
 グローブしたままでは隣の語を押してしまいそうなほど小さなキーがずらっと並ぶ入力キーボードとあわせて、せめて漢字が使えるように修正してほしいものです(ナビ6は漢字を使えるんでしょうかねぇ?)。
 
 
【2019.01.21 追記】
 漢字入力は使えました。
 マニュアルに、以下の通り記載がありました(操作マニュアルp.199)。
07
 なお、名称検索ではひらがなのみとなっていますので、てっきり使えないものかと思っていました。
 ここに深くお詫び申し上げますとともに、情報提供いただきましたaphroさんに感謝申し上げます。
 

| | コメント (2)

2019年1月12日 (土)

2019初ツーリング in 三崎

【プロローグ】

 1月の連休初日は、関東地方はちょっと残念な天気でしたが、今日はとても良い天気!まさに絶好のツーリング日和です。そこで、今年初のツーリングに、三浦半島に走りに行ってきました。

Img_2799_02  ただ、昨年のラストツーリングの際、20年以上使っていた冬用のオーバーパンツが破れてしまい、修復が難しかったためにあきらめてポチッとした新しい冬用パンツが届かなかったため、ゆっくり出発→早めの帰宅せざるを得なくなり、なんと10時に出発という超ゆっくりツーリングとなりました。

 それにしても、3連休中日&時間的なものもあるのか、首都高湾岸線はほとんど渋滞も無く、横浜ベイブリッジが雲一つ無い青空に映えています。

 こういう中を走るのは、とても気持ちが良く、今日のツーリング、期待できそうです!

 

 

【美味食堂】

 湾岸線→横浜横須賀道路とつないで終点までやってきた所にあるのが、私の定番の食事処「美味食堂」さんです。

 ここは小さな食堂ですが、東京湾で上がる美味しい穴子やアジなどがリーズナブルに食べられる私の三浦半島に来た時には必ず寄っている、超お気に入りの食堂です。

Img_2809  その中でもお気に入りなのが、この穴子天丼。ふわっふわの穴子の天ぷらが2本と(写真では隠れていますが)かき揚げ1枚が乗っている、ボリューム満点な穴子天丼で、香の物が付いて980円(税込み。味噌汁を付けると1080円)と、高コストパフォーマンスな1品です。

 いつもならこれにアジの刺身単品を付けるのですが、席に着いたところで家から電話があり、夜の用事ができてしまったので、今日はちょっと我慢せざるを得なくなりました。
 次回こそは、これにアジの刺身を付けた、私の定番で食べたいものです。

 とはいえ、美味しい天丼に大満足でした。やっぱりココは良いなぁ~。

 

 

【走水神社】

Img_2816  美味食堂の向かいには、走水神社があります。

 この神社、なんと日本武尊が東征に由縁を持つという古い神社です。私はいつも素通りしていたのですが、今回は、なんとなく立ち寄ってみることに。
 社自体はさほど大きくはありませんが、境内自体はそれなりの規模があり、なんとなく由緒を感じさせられます。

 今年初めてのツーリングですので、今日のツーリングの安全とともに、今年一年が楽しいツーリングができるようお願いをしました。

 

 

【大根、だいこん、ダイコン♪】

Img_2845_02  いつもなら湾岸線をできるだけなぞるように走るのですが、今日はなんとなく、三浦半島特有な雄大な風景の中を走ってみたくなりましたので、湾岸線から離れて、内陸に入ってみました。

 折しも、三浦ダイコンの収穫時期でもあり、至る所にダイコンが干してあります。

 なんか、こういうのを見ながら走るのって良いですよね。思わず止まって一枚パチリ♪
 
 

【内陸部も良いなぁ~】

Dsc_1904__02_01  上にも書きましたが、三浦の内陸部は、私が最初に来た時に「ココは北海道か?」と思ってしまったほど、ととても雄大な風景が広がっています。

 何段かの段丘があり、その上はキャベツやダイコン畑が広がっていて、その間を農道が緩やかにアップダウンしながら走っています。

 海岸ワインディングだけではない、こういったカントリーロードを走ることができるのも三崎ツーリングの魅力なのでしょうね。
 色々な農道がありますので、ぜひお気に入りの道を探してみてください。

 

 

【うらりでおやつ♪】

Img_2860  十分に農道を堪能した後は、三崎漁港にあるマグロ産直センター「うらりマルシェ」にやってきました。

 ここはマグロをはじめとする海産物や農産物の直売所で、沢山の店舗が入っています。

 私はここに来ると、たいていマグロのカツかマグロコロッケを食べることがほとんどで、今日もマグロの串カツをいただきました。
 肉っぽいけど肉とは違う、マグロならではの味と食感はとても美味。お店のおばちゃんの「トンビに気をつけてね」という声にちょっとビビりながら(外出たところで、トンビが待っていましたからねぇ…)、美味しくいただきました。

 

 

【エピローグ】

 マグロの串カツを楽しんだ後は、おみやげを買って、今日のツーリングは終わりです。

 時間あり防寒がちゃんとできていれば、葉山ぐらいまで海岸線を回って…とも思わなくはなかったのですが、まぁそれはまた今度にすることにしましょう。

 横浜横須賀道路衣笠まICで田舎道を堪能し、あとは速攻帰るだけ。

Img_2901_02  ちょうど横浜の辺りで日没になりましたが、この夕陽を浴びて真っ赤に染まるレインボーブリッジは、午前中の青空の下の真っ白なのとはまたちょっと趣が変わって、「あ~、日が沈む…。ツーリングも終わりかぁ…」という感じがよりいっそう強く感じられて、これはこれで良いのですが、正直言えば、もうちょっと走っていたかったなぁ…というのもありました。

 17時半過ぎに、家にたどり着き、今年の初ツーリングは終わりです。
 今年はどれくらい走れるのでしょうか。また新しい道やいつも走っている道の1本横に入って、今までとはまた違った風景が見られるようなツーリングがしたいものですね!

  ただ、そのための武器であるナビが、いよいよダメになったようです。GPSを補足できないことが多くなってしまっています。次のツーリングまでに考えないといけませんが、さて、どうしようかなぁ…。

 

 

S20190113_map

本日のデータ
  走行距離 : 約224km
  所要時間 : 約7時間30分

  平均燃費 : 約19.7km/L

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«あけましておめでとうございます